EV対FCV対CNGV;エネルギー地図を塗り替えるのはどの燃料か?

東京モーターショーでの各社の主張とその検証

2013/12/26

要 約

 東京モーターショーに出展されたコンセプトカーの傾向として、EVの顕著な減少が認められた。エンジンは低燃費化によって当面なお多数派を維持するが、次代を継ぐのはEV、FCV、CNGVのいずれであろうか。社会的ニーズと関連づけ、各技術が原理的に有する得失を比較した。また、シェールガスの採掘技術の進歩で天然資源の分布図は塗り替えられたが、これを燃料とするCNGVは先進国、新興国ともに普及が認められる。その燃焼特性の良さ、低価格とあいまって、天然ガスは環境対応車に最適な燃料となる可能性を秘めている。

関連レポート
▽東京モーターショー2013:

・日本メーカー:コンセプトカー編 ・日本メーカー編 軽自動車と市販車 ・日本メーカー編 エンジンと商用車
・サプライヤー編 EV/HV関連部品 サプライヤー編 安全装備、燃費向上 ・海外メーカー編