回復する米国のピックアップトラック市場

大型ピックアップは販売拡大、小型ピックアップは米メーカー撤退

2013/11/15

要 約

US Pickup Truck Sales and Market Share
資料: マークラインズ他

 米国のピックアップトラック市場は、最も販売が落ち込んだ2009年以降、ゆっくりではあるが着実に回復を続けている。この成長を支えているのは、回復傾向にある住宅市場で、建設業とその関連産業に従事する人々のピックアップ買い替え需要が拡大している。経済全般もピックアップの販売拡大を後押ししており、業務用車両の買い替えや追加を行う中小企業が増加している。しかし、自動車市場全体に占めるピックアップのシェアは、18.8%を占めた2005年の水準にはまだ戻っていない。その理由の一つは、ピックアップを自家用として購入する個人顧客が減少したことである。特に景気後退時には、個人顧客は高価格のピックアップの買い替えを先延ばしにするか、もっとコストパーフォーマンスが良い車を購入していた。だが、2013年1-9月には、ピックアップがライトビークル市場に占めるシェアが前年同期より若干拡大し、13.7%となっている。


関連レポート:
Ford: 北米市場の回復により堅調な業績を維持 2013年8月
米国市場:拡大基調で投資が活性化 2013年7月
GM:2013年も引き続き業績改善の見込み 2013年5月
デトロイトモーターショー 2013 (1) 米国と 欧州の自動車メーカー 2013年2月