フランクフルトモーターショー 2013 (3) :米日メーカーの展示取材

Opel Monza Concept、Ford S-MAX Concept、LEXUS LF-NX、Infiniti Q30 Concept等の展示

2013/10/04

要 約

トヨタブースの様子
トヨタブースの様子
(ル・マン24時間レースに出場したTS030 HYBRID)


 IAA 65 フランクフルトモーターショー2013がMesse Frankfurtで2013年9月10日から22日にかけて開催された(プレスデーを含む)。本レポートは米日メーカーを取り上げる最終回。

 GMは、Opel ブランドの次世代車の方向性を示す、クーペのコンセプトMonza Conceptを展示していた。他にChevroletブランド、Cadillacブランドでも出展。FordはミニバンS-MAXの次期モデルを示すコンセプトカーと、欧州部門の上級バージョンとして展開していく Vignaleバージョンのコンセプトカーを出展した。オランダに大型EVセダンの組立工場を2013年8月に開所したTeslaも出展。

 トヨタはトヨタブランド、レクサスブランドともハイブリッドモデルだけを展示し、ハイブリッド技術を欧州市場でも強く打ち出していた。日産は、日産ブランド、Infinitiブランドの2ブランドで出展し、新型X-TRAILとInfiniti Q30 Conceptを初披露。日本メーカーは、他に、ホンダ、富士重工、スズキ、マツダ、いすゞが出展。


関連レポート
フランクフルトモーターショー 2013 (1):BMW、VW、Daimlerの展示取材
フランクフルトモーターショー 2013 (2):欧州・アジアメーカーの展示取材