燃料電池車:開発費負担軽減とコストダウンに向け世界3陣営に集約

トヨタとホンダは、2015年に独自開発の量産FCVを投入

2013/08/30

要 約

トヨタが出展したFCV-R
トヨタがFC EXPO 2013に出展したFCV-Rコンセプトカー、2015年に
発売するFCVはほぼこのコンセプトに沿ったデザインになるとしている

 以下は、日本自動車メーカー3社を中心とした燃料電池車(FCV:Fuel Cell Vehicle)開発・投入計画の概要である。
トヨタとホンダは、2015年に価格を従来型から大幅に引き下げた量産FCVを発売する計画。販売価格500万円程度を目指している。

 また、FCVの開発に必要な巨額の投資の1社あたりの負担を軽減し、スケールメリットによりコストダウンを図るため、FCV技術の共同開発を目的とする3つの企業陣営(トヨタ・BMW陣営、日産・Daimler・Ford陣営およびホンダ・GM陣営)が誕生した。日産の陣営は早ければ2017年に、トヨタ・BMW陣営と、ホンダ・GM陣営は2020年をめどに共同開発した技術によるFCVを投入する計画。

 FCV普及に必須の水素ステーションについても、日本国内では2015年に100箇所、2025年に1,000箇所の設置を目指し建設が計画されている。





関連レポート:

・日産、ホンダ、三菱自、スズキのHV/PHV/EV計画 (2013年10月掲載)
トヨタのHV/EV計画:新規HVを積極投入し、更にラインアップを拡充 (2013年9月掲載)