Ford: 北米市場の回復により堅調な業績を維持

北米とアジア市場での成長に期待

2013/08/29

要 約

Ford Global Light Vehicle Production Forecast
資料:LMC Automotive "Global Automotive
Production Forecast (June 2013)"

 北米の自動車産業は、買い替え需要と低金利ローンにより、力強い回復を続けている。Fordは北米市場の回復から多くの利益を得ており、2012年の税引前利益80億ドルの大半は、北米販売から得たものである。しかし、成長は鈍化しつつあり、世界販売台数は2011年比0.5%減の570万台にとどまった。ただし、これでも2010年の530万台は上回っている。

 Fordは、今後、成長が最も期待できるのは北米とアジア市場だと考えている。このため、予想される需要に対応すべく世界の生産能力を拡充している。LMC Automotive社の予測によると、Fordのlight vehicle世界生産は2016年まで増加を続け、2011~2016年は年平均4.6%拡大する見込み。その多くは、北米およびアジア太平洋・アフリカ地域、特に中国、インド、タイで新規投資により整備される工場で生産される。

関連レポート:

米国市場: 拡大基調で投資が活性化
トルコ: Ford は欧州の商用車開発と生産を集約
デトロイトモーターショー2013 (1):米国と欧州のOEM