第4回 EV・HEV 駆動システム技術展 取材報告

安川電機が脱レアアースモーターを開発、Magnaがマイクロハイブリッドシステムを展示

2013/01/31

要 約

 第4回 EV・HEV 駆動システム技術展が、2013年1月16日-18日にかけて東京ビッグサイトで開催された。その展示概要を、報告する。

 安川電機はモータードライブシステムQMET-IIのラインナップを展示したほか、高価なネオジム磁石を用いない脱レアアースモーターの説明パネルを展示し、来場者の注目を浴びていた。モーター関連では、三菱自のOutlander PHEV向けのモーター/インバーターを供給する明電舎がモーターと・ギアボックスを一体化したEV用ドライブユニットを展示し、現代自/起亜自に駆動モーターを供給するHYOSUNGも出展。

 Magnaは、マイクロ(低価格)ハイブリッドシステムなどを初めとしたEV/HEV向けパワートレインシステムを披露。日本ケミコンは、マツダ アテンザに搭載されている減速エネルギー回生システムi-ELOOP向けの電気二重層キャパシター/モジュールを展示した。

 その他に展示会場では、三菱自動車 Outlander PHEV、EVベンチャー SIM-DriveがPSAと開発したコンバートEV Citroen DS3 Electrum等のPHV/EVの実車も展示されていた。