第2回クルマの軽量化技術展取材報告(1):軽量素材関連

炭素繊維強化樹脂(CFRP)と軽量な金属による軽量化技術・部品の出展

2012/02/10

要 約

 以下は、2012年1月18~20日に開催された「第2回クルマの軽量化技術展」における、炭素繊維複合材料CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic)、ホットプレス加工や精密打ち抜き加工製品、またアルミニウム、マグネシウムなど軽量な金属による軽量化技術・部品に関する出展の概要である。

 東レは、CFRPを多用し、車両重量を846kgに押さえた2シータEVコンセプト"TEEWAVE" AR1を出展した。三菱レイヨンは、現在進行しているCFRP中間基材の計画をパネルで紹介した。

 ワイエイシイデンコーは、ホットプレス技術を提案した。強度を高めて、板厚を薄くするなど軽量化に貢献する。ファインツール・ジャパンは、精密打ち抜き加工した製品を展示した。

 軽量金属では、アルミニウム、マグネシウム、チタン製品が紹介された。また、軽量化に貢献する、各種のボルト、ねじ類が出展された。

>>>>>関連レポート
2012年 EV・HEV駆動システム技術展取材報告,  
2012年クルマの軽量化技術展取材報告 (2)樹脂化関連
2011年クルマの軽量化技術展取材報告 (1)軽量素材関連(2)樹脂化関連