第3回 EV・HEV 駆動システム技術展 取材報告

日本電産が永久磁石を用いないSRモーターを、日本ケミコンが回生装置向けキャパシターを展示

2012/01/31

要 約

 第3回 EV・HEV 駆動システム技術展が、2012年1月18日-20日にかけて東京ビッグサイトで開催された。その展示概要を、同時開催のカーエレクトロニクス技術展を一部含めて、報告する (同じく、同時開催の「クルマの軽量化技術展」の展示概要は別レポートにて報告いたします)。

 モーター関連では、日本電産が出展した永久磁石を用いないSRモーター、安川電機の巻線切替え方式のモーターを持つモータードライブシステム QMET-IIが注目を集めていた。また、EV・HEV関連技術では、日立オートモティブシステムズの回生協調対応電動型制御ブレーキシステムの展示に関心が集まっていた。

 カーエレクトロニクス展では、日本ケミコンがマツダの減速エネルギー回生システム向けに供給する、電気二重層キャパシターを展示。

関連レポート: 2012年 第2回クルマの軽量化技術展取材報告(1)炭素繊維強化樹脂と軽金属(2)樹脂化関連
2011年 第2回EV・HEV駆動システム技術展 (1)駆動用モーター関連の新製品・新技術 / (2)電池・充電器関連の新製品・新技術