【分解調査】日本電産製 広州汽車 Aion S 搭載E-Axle インバーター

電子基板回路分析と実装コンポーネント

2020/06/11

概要

  広州汽車Aion Sに搭載された日本電産(Nidec)製インバーターを解説する。

  Aion Sは、2019年5月に販売開始以来 2020年4月まで4.2万台を生産。広汽新能源(GAC NE)の売れ筋モデルである。モーター/減速機/インバーターを統合した日本電産(Nidec)製のE-Axleを搭載し、バッテリーはCATL製58.8kWhのリチウムイオン電池が搭載されている。

 

広汽新能源(GAC NE)製 Aion S

Aion S
spec

 

日本電産(Nidec)製 E-Axle

Ni150Ex:150kWクラス
量産開始したNi150Ex:150kWクラス Ni150EX用インバーター
日本電産(Nidec)製E-Axle一覧
日本電産(Nidec)製 E-Axle 一覧(オートモーティブワールド2020 展示)

 

  Aion Sに搭載された日本電産製E-Axleは、日本電産グループが一体となって開発した製品で、モーターと減速機を日本電産、インバーターを日本電産エレシス、システム全体のとりまとめはパワートレインに強い日本電産トーソクが担当して開発した製品です。

  本レポートは、入手が非常に困難なインバーターをティアダウンし、部品構成の調査を報告したものです。

  レポート作成:エルテック https://www.ltec-biz.com

 

基板回路動作詳細については、販売用レポートの購入をご検討下さい。
販売用レポートでは、基板ブロック図と回路図、回路動作解説、基板層構成と各層写真、完全な部品表が追加されます。

販売用レポートの内容、料金等へのお問い合わせはこちら
マークラインズ株式会社 コンサルティング事業部
担当:齊藤 / 電話:03-4241-3906 / e-mail:benchmark@marklines.com