LMC Automotive 2021年4月自動車市場月報(欧州)

2021年4月の西欧販売は前年同月比3.8倍の94万台、季節調整済み年率換算販売は1,110万台/年

2021/05/07

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の2021年4月の乗用車販売台数は季節調整済み年率換算で1,110万台/年となり、3月の水準からわずかに低下した。新型コロナウイルスに関する規制措置の影響が続く中で、月次販売は再び低調なものとなった。また4月単月の販売台数を、より通常の状態に近かった2019年の同じ月と比較した場合では23%減少しており、市場が弱含みの状態にあることが鮮明となっている。

  • ドイツ、英国、イタリア、フランス、スペイン
    ドイツの4月販売は季節調整済み年率換算販売で260万台/年へと低下し、期待を下回るものとなった。英国ではロックダウン解除に至る4つのステップの2つ目までが達成された中で、4月の年率換算販売は210万台/年に上昇した。イタリアの年率換算販売は160万台/年と3月から横ばいであった一方、フランスについては160万台/年に低下し、2020年5月以降で最低の水準となった。スペインでは4月の年率換算販売が90万台/年に迫る水準へゆるやかに改善したが、2019年通年実績の126万台とはまだ開きがある。

  • 今後の展望
    ワクチンの接種と消費者心理の改善が続いているものの、様々な規制措置が導入されていることが現在の新車需要へのブレーキとなっている。新型コロナによる販売への下押し圧力に加えて、長引く半導体不足の問題も特定の車種の供給を制限しており、販売予測を混乱させる要因となっている。しかしながら、LMC Automotiveの市場見通しは、概ね先月と同様である。大量のワクチン接種によって規制措置の緩和が続き、2021年を通して年率換算販売は徐々に改善していくと見る。