LMC Automotive 2021年3月自動車市場月報(欧州)

2021年3月の西欧販売は64.5%増の127万台、季節調整済み年率換算販売は1,130万台/年

2021/04/08

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の2021年3月の乗用車販売台数は季節調整済み年率換算で1,130万台/年となり、2月から改善した。ただ改善の度合いは弱く、今年第1四半期の結果は期待を下回るものとなった。様々な規制措置が続く中で、自動車業界は危機的状況から本格的に回復することができずにいる。

  • 英国、フランス、スペイン、イタリア、ドイツ
    英国では例年3月は販売台数が最も多くなる月だが、今年3月の販売は年率換算でおよそ150万台/年と低調であった。フランスでは自動車販売に関わる制限があったが、3月の年率換算販売は180万台/年となり、先月からわずかに上昇した。スペインの販売はゆるやかな改善傾向を示し、3月の年率換算販売は82万台/年に上昇した。ただ、依然として低い水準にとどまっており、市場は弱含みの状態が続いている。イタリアも年率換算販売は160万台/年と引き続き低迷した。一方でドイツについては290万台/年となり、2月からの改善が見られた。

  • 今後の展望
    2021年通年の販売予測について、先月時点からおよそ8万台下方修正した。欧州本土で感染の第3波が発生したことを受け、多くの主要国で規制措置が延長、あるいは強化されたほか、ワクチン接種についても遅れが見られることが混乱を深刻化させている。また半導体の供給不足も逆風になっており、短期的な見通しを不透明なものにしている。しかしながら、こうした混乱は一時的なものであり、今年後半の年率換算販売は引き続き改善に転じると見る。ワクチンによる集団免疫の獲得によって様々な規制措置が解除され、欧州市場にとってより好ましい販売環境が実現すると期待される。