LMC Automotive 2020年9月自動車市場月報(欧州)

2020年9月の西欧販売は0.1%増の120万台、季節調整済み年率換算販売は1,275万台/年に低下

2020/10/06

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の9月の乗用車販売台数(登録台数)は前年同月比で0.1%増となった。前年の9月よりもディーラー営業日数が1日多かったが、販売の伸びはごく僅かだった。9月の季節調整済み年率換算販売は1,275万台/年となり、過去数ヵ月続いてきた上昇基調から低下に転じた。ロックダウンの解除後、蓄積需要などから販売が膨らむ傾向が続いてきたが、景気低迷の影響が明確となった。9月販売の前年同月比は国ごとに大きなばらつきがあったが、昨年はWLTPの要求変更を前に販売が膨らんでいたこともあり、単純な比較を難しくしている。しかしながら政府によるインセンティブが導入されている中で、9月の結果は総じて期待を下回るものであったと言える。

  • ドイツ、英国、スペイン、イタリア、フランス
    ドイツの9月の季節調整済み年率換算販売は310万台/年となり、8月の360万台/年から低下した。英国では、例年9月は車両登録が増える重要な月だが、単月販売は前年同月比4.4%減となり、季節調整済み年率換算販売も190万台/年に低下した。スペインでは政府インセンティブによる支援があったにも関わらず季節調整済み年率換算販売は110万台/年に低下し、期待を下回った。一方でイタリアの9月単月販売は9.5%増となり、季節調整済み年率換算販売も190万台/年と堅調であった。フランスの年率換算販売はわずかに低下し、200万台/年を若干上回る水準となった。

  • 今後の展望
    9月の年率換算販売の急減速は、西欧市場の回復の遅れを示唆している。9月単月販売はほぼゼロ成長であったため、今年累計の販売は前年同期比で引き続き3分の1近く減少している。2020年通年の販売予測については前月時点からわずかに下方修正したが、これは特に英国の販売が期待を下回ったことが影響している。全体として、今年の販売が大幅に減少するとの見方に変更はない。