LMC Automotive 2020年7月自動車市場月報(欧州)

2020年7月の西欧販売は2.2%減の116万台、季節調整済み年率換算販売は1,430万台/年まで上昇

2020/08/06

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の7月の乗用車販売台数(登録台数)は前年同月比で2.2%減となり、同じ月の季節調整済年率換算販売台数は1,430万台/年となった。ロックダウン(都市封鎖)の緩和と政府によるインセンティブ政策が新車需要の押し上げに効果を発揮している。ただ、新型コロナウイルスに関わる不確実性は依然として高く、将来の封じ込め策への不安は残っている。

  • フランス、英国、ドイツ、イタリア、スペイン
    フランスの7月販売は前年同月比で3.9%増となり、今年二度目のプラス成長を記録した。英国では蓄積需要を背景に7月は11.3%増と二桁の成長を記録し、季節調整済み年率換算販売も250万台/年となった。ドイツの7月販売は5.4%減であったが、年率換算販売は360万台/年に改善した。イタリアの販売は再び縮小し、7月は11.0%減となった。スペインの7月販売は1.1%増と今年初のプラスを記録し、季節調整済み年率換算販売は120万台/年となった。

  • 今後の展望
    西欧市場は4月を底とした回復を持続しており、一部の国では前年同月比でプラスに転じている。しかし、西欧市場が危機的な状態にあることに変わりはない。今年1~7月累計の販売は前年同期比で35%減となっている。今年後半の販売については、政府による一段の支援策を背景に消費者心理が回復し、減少率は改善すると予測する。2020年通年の販売については先月時点の予測をわずかに上方修正し、前年比24%減を見込む。