LMC Automotive 2020年5月自動車市場月報(欧州)

2020年5月の西欧販売は57.3%減の55.7万台、季節調整済み年率換算販売は630万台/年

2020/06/09

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の5月の乗用車販売台数(登録台数)は前年同月比で57.3%減少し、同じ月の季節調整済み年率換算販売台数(月次販売実績から季節的要因を除去し、年率換算(12倍)して算出した数値)は632万台/年となった。過去に例の無い落ち込みが見られた4月からは若干改善したものの、自動車産業は依然として危機の只中にあり、COVID-19の蔓延とそれに伴うロックダウンが引き続き西欧地域を厳しい状況に陥れている。
  • フランス、イタリア、英国、ドイツ、スペイン
    フランスの5月の販売は前年同月比50.3%減となり、季節調整済み年率換算販売は120万台/年となった。イタリアの5月の季節調整済み年率換算販売は100万台/年となった一方、5月単月の販売は前年同月比49.6%減となった。英国ではディーラーが閉鎖された影響で5月販売は89.0%減少し、2万台の水準まで落ち込んだ。ドイツの5月販売は49.5%減少し、季節調整済み年率換算販売は190万台/年となった。スペインの5月販売は3.4万台で、前年同月比では72.7%減となった。

  • 今後の展望
    COVID-19の影響は、引き続き西欧新車市場にとって最大の懸念事項であり続けている。今後の見通しを図る上では、政府によるインセンティブ制度や広範囲の経済支援策について特に注視する必要がある。西欧の2020年通年の販売予測については、前月時点のものをほぼ据え置き、前年比26%減とした。これは今年後半にロックダウンが継続的に緩和される中で消費活動が改善し、市場が緩やかに回復することを前提としている。