LMC Automotive 2020年2月自動車市場月報(欧州)

2020年2月の西欧販売は7.0%減の96.3万台、季節調整済み年率換算販売は1,340万台/年

2020/03/10

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の2月の乗用車販売台数は前年同月比7.0%減、季節調整済み年率換算販売は1月と同水準の1,340万台/年となった。西欧市場は昨年12月に力強い伸びを示したが、今年は年初から弱含みの傾向が続いており、コロナウイルス(COVID19)の感染拡大によるマイナスの影響も受けた。西欧地域の足元の消費者心理は比較的底堅い水準を維持しているが、同ウイルスの影響により状況は変化する可能性が高く、今年の経済に負の影響が及ぶことはほぼ不可避の状況と見られる。
  • ドイツ、英国、スペイン、イタリア、フランス
    ドイツの2月販売は前年同月比10.8%減、季節調整済み年率換算販売は1月時点の350万台/年から減少して328万台/年となった。英国の2月販売は前年同月比2.9%減、季節調整済み年率換算販売は254万台/年となった。スペインの2月販売は前年同月比6.0%減で、1月販売に続き前年割れとなった。イタリアの2月販売は前年同月比8.8%減となった。フランスの2月販売は前年同月比2.7%減、季節調整済み年率換算販売は1月時点から上昇して203万台/年となった。
  • 今後の展望
    LMC Automotiveは、西欧の2020年通年販売は経済成長の減速や欧州CO2目標義務化の影響を受けると引き続き想定する。ただ、コロナウイルスの懸念が急速に広がっている現状では、少なくとも2020年上半期の見通しについて慎重にならざるを得ず、2020年通年販売の予測を前月時点の1,400万台から1,372万台へ引き下げた。ウイルス感染がどの程度拡大するか、また各国政府が感染の広がりを食い止められるか、遅らせられるか次第では上記の予測値も下振れするリスクがある。