LMC Automotive 2019年7月自動車市場月報(欧州)

2019年7月の西欧販売は0.1%増の118.6万台、季節調整済み年率換算販売は1,434万台/年に上昇

2019/08/08

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

  • 西欧の7月の乗用車販売台数は前年同月比0.1%増となった。7月の季節調整済み年率換算販売は20196月時点の1,417万台/年から上昇し、1,434万台/年となった。
  • ドイツ、英国
    ドイツの7月の販売は前年同月比4.7%増、7月の季節調整済み年率換算販売は382万台/年となった。英国の7月の販売は前年同月比4.1%減、7月の季節調整済み年率換算販売は228万台/年に減少し、不調であった今年上半期よりもさらに低くなった。

  • フランス、イタリア、スペイン
    フランスの7月の販売は前年同月比1.8%減となったが、7月の季節調整済み年率換算販売は220万台/年のレベルを維持した。イタリアの7月の販売は、ディーラー営業日数が1日多かったにもかかわらず、前年同月比0.1%減となった。イタリアの7月の季節調整済み年率換算販売190万台/年は、1~7月の季節調整済み年率換算販売の平均とほぼ同じであり、低調な販売ペースが続いている。スペインの7月の販売は前年同月比11.1%減となり、7月の季節調整済み年率換算販売は120万台/年へとさらに低下した。

  • 今後の展望
    西欧の1~7月累計販売は前年同期比3.0%減となったが、1~7月の季節調整済み年率換算販売の平均は1,437万台/年と、比較的堅調な数字を示した。8月については、昨年の販売が極めて高いレベルにあったことから、ほぼ全ての市場で大幅な前年割れが想定される。2018年の8月は、WLTP導入を前に販売の前倒しが発生したことにより、季節調整済み年率換算販売は過去最高の1,840万台/年へ急上昇した。今年9月以降の販売は前年同月比で増加基調に戻るとみられるが、多くの主要市場で1~7月累計販売が低調なものであったことから、2019年通年販売の伸びは小幅なものに留まると予測される。