LMC Automotive 2019年6月自動車市場月報(欧州)

2019年6月の西欧販売は8.4%減の135.6万台、季節調整済み年率換算販売は1,417万台/年に減少

2019/07/09

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

  • 西欧の6月の乗用車販売台数は前年同月比8.4%減となった。6月の季節調整済み年率換算販売は20195月時点の1,442万台/年から減少し、1,417万台/年となった。
  • ドイツ、英国
    ドイツの6月の販売は前年同月比4.7%減となったが、西欧主要5ヵ国の中では唯一、20191~6月累計販売が前年同期比で増加(0.5%増)した。英国の6月の販売は前年同月比4.9%減となったが、6月の季節調整済み年率換算販売は増加した。

  • フランス、イタリア、スペイン
    フランスの6月の販売はディーラー営業日数が前年よりも少なかった影響から前年同月比8.4%減となったが、季節調整済み年率換算販売はこれまでの220万台/年前後のレベルを維持した。イタリアの6月の販売は前年同月比2.1%減となった一方、季節調整済み年率換算販売は182万台/年に減少し、1月以降で最も低い数値となった。スペインの6月の販売は前年同月比8.3%減となった。6月の季節調整済み年率換算販売は、一年で最も販売が多い月であるにもかかわらず依然として130万台/年の水準を下回った。

  • 今後の展望
    西欧の1~6月累計販売は前年同期比3.5%減となったが、1~6月の季節調整済み年率換算販売の平均は1,440万台/年と健全な水準を示した。今年7月と8月の販売については、昨年の同じ時期にWLTP規制の影響で販売前倒しが発生していたため、前年同月比でプラスの結果を出すことは困難とみられる。その後月次販売は再度前年比で増加に転じると考えられるが、2019年通年販売は前年を大きく上回ることは難しく、2018年並みの水準に落ち着くと想定される。