LMC Automotive 2018年2月自動車市場月報(欧州)

2018年2月の西欧販売は3.5%増の105万台、季節調整済み年率換算販売は1,495万台/年に低下

2018/03/07

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

  • 西欧の2月の乗用車販売台数は、前年同月比3.5%増の105.0万台となった。2月の販売結果は疑いなく良い結果であったと言えるが、2月の季節調整済み年率換算販売台数は1,495万台/年となり、直近10年で最も高い水準を記録した1月(1,530万台/年)からは低下した(ただし、金融危機後の平均は大きく上回っている)。
  • ドイツ、スペイン
    2月販売を国ごとに見ると、1月と同様にドイツとスペインの販売が好調であった。スペインの2月販売は前年同月比13%増の11.0万台となり、1~2月累計の販売は前年同期比16.4%増に達した。ドイツの2月販売は7.4%増となり、市場が既に高い水準にあることを勘案すると、好調な結果であったと言える。2月の季節調整済み年率換算販売台数は373万台/年となり、1月の400万台/年のレベルからは低下したが、依然として高い水準となった。
  • フランス、イタリア、英国
    フランスの2月販売は4.3%増と伸び率は目覚ましいものではなかったが、市場は堅調に推移した。2月の季節調整済み年率換算販売は212万台/年となり、1月の水準からはわずかに低下した。イタリアの2月販売は1.4%減となったが、これは前年2月の実績が非常に高いレベルにあったことが背景と見られる。英国の2月販売も2.8%減となったが、英国では例年2月の販売は低い水準となるため、LMCではこの結果に過剰に反応する必要はないと見る。
  • 今後の展望
    2018年の西欧乗用車市場は好調な立ち上がりを見せたが、LMC Automotiveでは引き続き2018年通年販売の伸び率はわずかに鈍化し、前年比1.9%増の1,457万台と予測する。ドイツの足下の勢いが維持困難と見られるほか、英国市場の先行きも経済面の逆風から引き続き弱含みであることが懸念材料となる。