CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2016年8月

2016年7月の新エネルギー車生産はやや減少 商用車生産は小規模で推移する見通し

2016/09/01

中国国内生産 (概要)

このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。
過去のCATARC提携レポートはこちらをご参照ください

 2016年7月の新エネルギー車(EV、PHV、FCVが対象で、鉛酸電池搭載車は含まない)生産台数は前年同月比で2倍、前月比で2割近くの減少となる36,387台となった。2016年1~7月の新エネルギー車生産台数は18.7万台と、前年同期の9.78万台から倍増した。

 2016年7月の新エネルギー車生産を車種別に見ると乗用車が前月比12ポイント増の86%、バスが同比8ポイント減の13%、特殊車両が同比4ポイント減の1%を占めた。中でも、EVバスとEV特殊車両の減少が顕著であった。2016年7月現在、補助金不正受給を取り締まるため補助金制度が見直されている。新エネルギー商用車メーカーは補助金制度が確定するまで生産を控えているため、新エネルギー商用車生産は補助金制度が確定するまで小規模で推移する見通しである。

図1 新エネルギー車の生産台数 (2016年2月~2016年7月)