CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2014年11月

2014年10月はEVバスの大幅減により新エネルギー車生産も減少

2014/12/09

中国国内生産 (概要)

このレポートは北京CATARC科学技術センター*1のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。


図1  電動車の車種別生産台数 (2014年1~10月)

  2014年10月の中国における電動車生産台数は前月比21.2%減の9,076台に減少したが、年間を通してみると過去最高の9月に次ぐ生産規模となった。内訳はEVとPHVが8,415台(うち、鉛蓄電池搭載の乗用EVは864台、同特殊車両は40台、リチウムイオン電池搭載車は7,511台)、HVが661台である。10月の電動車生産を車種別に見ると、乗用車は7,387台(うち乗用EV・PHVは6,756台、乗用HVは631台)で81.4%、バスは1,456台(うちEV・PHVバスは1,426台、HVバスは30台)で16.0%、特殊車両は233台で2.6%を占めた。10月の生産で前年同月比、前月比ともに拡大したのは乗用EVとEV特殊車両で、乗用EVが前月比2.5%増、前年同月比6.6倍増の4,575台、EV特殊車両が前月比43.0%増、前年同月比3.1倍増の233台であった。一方、EVバス、乗用PHV、PHVバスの生産は先月比で減少した。乗用HVの月間生産台数は600台前後で推移している。