CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2014年9月

2014年8月は乗用EVの減産により新エネルギー車生産が減少、上海汽車のFCV生産は上海万博後初

2014/10/27

中国国内生産 (概要)

このレポートは北京CATARC科学技術センター*1; のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。



図1 電動車の車種別生産台数 (2014年1~8月)

  中国の電動車生産台数は2014年6月に7,000台を超えたが、7月と8月は2ヵ月連続で減少し、8月は前月比11.3%減の6,175台となった。内訳はHVが603台、EVとPHVが5,572台。PHVは前月比で30%超の増加となったが、EVは30%超の減少となった。8月の生産台数を車種別に見ると、乗用車は4,923台で79.7%、バスは1,030台で16.7%、特殊車両は222台で2.6%を占めた。2014年1~8月の生産台数を見ると、電動車市場における乗用EVおよびPHVの比率は約70%を占めている。