Sensata Technologies, Inc.

会社概要

■URL

https://www.sensata.com

■本社所在地

529 Pleasant Street, Attleboro, MA 02703-0964, U.S.

業容

-Sensata Technologies (Sensata) は、自動車産業をはじめとする多様な産業向けに、センサー、電気回路保護部品、制御部品、ソフトウェアを開発、生産、販売するグローバルリーダー。

-2021年12月期、Sensataの全社売上高に占める自動車向けの割合は約54%。

-パフォーマンスセンサー (Performance Sensing) 事業とセンサーソリューション (Sensing Solutions) 事業の2部門で構成。パフォーマンスセンサー事業は、圧力センサー、速度・位置センサー、温度センサー、圧力スイッチ等自動車用およびHVOR (Heavy Vehicle & Off Road: オン/オフロード大型車) センサーの大手サプライヤー。2020年12月期の全社売上高の約75.0%をパフォーマンスセンサー事業が占めている。

 

パフォーマンスセンサー事業

 製品カテゴリー 主なアプリケーション/ソリューション
センサー 圧力センサー
加速度・ポジションセンサー
温度センサー
ビークルエリアネットワーク
データ収集デバイス&ソフトウェア
サーマルマネジメント・エアコンシステム
パワートレーン
排気後処理
サスペンション
ブレーキ
タイヤマネジメントソリューション
オペレーターコントロール
レーダーソリューション
オペレーター向けデータ提供ソリューション
走行状況に応じた自動車保険ソリューション
バッテリーパック
充電システム
電気回路保護部品 高電圧コンタクター/ヒューズ
バッテリーマネジメントシステム
高電圧ジャンクションユニット
電気系統保護
電動パワートレーン
バッテリーマネジメント

 

センシングソリューション事業

-2021年第3四半期において、Sensataはセンシングソリューション事業セグメントを再編成し、高電圧コンタクター、インバーター、バッテリー管理システム等電気回路保護製品群から成るクリーンエネルギーソリューション部門を新設した。同部門は主に産業用や定置用、事業者用、エネルギー貯蔵といった各エンドマーケットを対象市場とする。主な用途は、電動バイク、固定式充電インフラ、バッテリーエネルギー貯蔵装置、および再生可能エネルギーアプリケーション等。
 

Sensata Insights ソリューション

-Sensataは、車両追跡や故障診断、自動車保険向けデータ車両データ提供、大型トラックやトレーラーのタイヤ圧データ提供、ビデオテレマティクス、車室監視、サプライチェーン全体における保有資産の可視化といったサービスも提供。
 

資本構成

-ニューヨーク証券取引所上場。

主要製品

-熱管理圧力/温度センサー (A/C P+T Thermal Management Pressure and Temperature Sensors)
-バッテリーガスセンサー (Battery Gas Sensor BGS Thermal Runaway Detection)
-死角検知センサー (Blind spot monitor sensor)
-バッテリー圧力センサー (BPS Battery Pressure Sensor)
-ブレーキフォースセンサー (Brake Force Sensors)
-サーキットブレーカー (Circuit Breaker)
-KPS クランクケースベンチレーションセンサー (Crankcase Ventilation Sensors KPS)
-差圧センサー (DPS Differential Pressure Sensors)
-EDPモーターロータリーポジションセンサー (EDP E-Motor Rotary Position Sensor)
-蒸発放出圧力センサー (EVAP Evaporative Fuel Pressure Sensors)
-フューエルデリバリー圧力センサー (Fuel Delivery Pressure Sensors LFS)
-モータープロテクター (Motor Protectors)
-油圧センサー (Oil Pressure Sensors OPS)
-アウトサイドカメラベース死角検知センサー (Outside camera based blind spot detection sensor)
-タイヤ圧監視システム (Pressure and TPMS Tire Pressure Monitoring System)
-リレー (Relays)
-Schraderハイスピードセンサー (Schrader High Speed EZ-Sensor)
-サスペンション圧力センサー (Suspension Pressure Sensors SPS)
-温度センサー (Temperature Sensors)
-TMAPセンサー (TMAP Temperature Manifold Absolute Pressure Sensor)

沿革

1916年 米国ロードアイランド州に金めっき業「General Plate Company」を創業。
1931年 Spencer Thermostat Companyと合併し、Metals and Controls Corporationを設立。
1959年 Metals and Controls CorporationがTexas Instruments (TI) に買収され、TIの事業部門 (センサーズ & コントロール) となる。
2006年 TIのセンサーズ & コントロール部門がBain Capital Partnersの買収により、Sensata Technologiesとして独立分離。
Honeywellより自動車用センサー、電気機械制御機器等の事業を買収。
2010年 ニューヨーク証券取引所にて株式公開。
2011年 Honeywellの車載センサー事業を取得。
排気後処理システム内の高温センサー事業「Sensor-NITE」をElexGroupより取得。
2014年 ロータリーセンサー、リニアポジションセンサー、加速度センサー、エンジンタイミングセンサーを生産するWabash Technologiesを買収。
タイヤ空気圧モニタリングシステム (TPMS) 大手のSchrader Internationalを買収。
電磁位置検出センサーメーカー DeltaTech Controlsを190百万ドルで買収。
2015年 Custom Sensors & Technologies Ltd. を買収。
2021年 デンマークのバッテリーマネジメントシステムメーカーLithium Balanceを買収。
特定用途向けワイヤレスIoTコミュニケーションデバイスメーカーXirgo Technologiesを買収。
高性能エネルギー貯蔵システムメーカーSpear Power Systemsを買収。
ビデオテレマティクスソリューションプロバイダーSmartWitnessを買収。

補足 1

>>>2014年12月期の動向
>>>2015年12月期の動向
>>>2016年12月期の動向
>>>2017年12月期の動向
>>>2018年12月期の動向
>>>2019年12月期の動向
>>>2020年12月期の動向


展示会取材アーカイブス

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。
財務データ、従業員数等の各種数値は、Sensata Technologies Holding N.V.の数値を採用しています。