Mobileye N.V.

会社概要

■URL

http://www.mobileye.com/

■本社所在地

Har Hotzvim, 13 Hartom Street, P.O. Box 45157, Jerusalem 9777513, Israel

業容

-先進運転支援システム (ADAS) および自律走行技術のグローバルリーダー。コンピュータービジョン (画像認識) および機械学習、データ分析、ローカライゼーション、マッピングの開発を担う。

-同社のEyeQチップおよびアルゴリズムは2007年から新車モデルに搭載されている。自動車市場において同社はTier 2企業であり、同社の中核技術はTier 1企業 (システムインテグレーター) のカメラに組み込まれている。同社は主要な開発パートナーとして、継続的にプログラムの開発をリードしている。

-同社推定によると、2015年末までに世界で約970万台の車両に同社製品が搭載されており、OEM 19社、221車種に同社技術が採用されている。2017年までには累計23社、287車種のシリーズ生産に採用される見通し。

-2017年3月、IntelがMobileyeを153億ドルで買収することに合意したと発表した。今回の買収によりIntelの高性能コンピューティングおよびコネクティビティ技術と、Mobileyeのコンピューター画像処理技術を組み合わせ、ネットワークを通してクラウドベースの自動運転ソリューションを創り出す。(2017年3月13日付プレスリリースより)


資本構成

-ニューヨーク証券取引所に上場

主要株主

(2016年4月1日現在)
株主名 出資比率 (%)
T. Rowe Price Associates, Inc. 11.8
Dr. Shmuel Harlap 7.2
Ameriprise Financial, Inc. 6.3
FMR LLC 5.6
Sands Capital Management, LLC 5.6

主要製品

単眼カメラ運転支援システム (Mono-camera Driver Assistance Systems)
Mobileye EyeQ ビジョンプロセッサー&アルゴリズム (Mobileye EyeQ vision processors and algorithms)
-車線検知 (Lane detection)

  • 車線センタリング (Lane centering)
  • 車線逸脱警報 (Lane departure warning)
  • 車線維持 (Lane keeping)

-車両検知 (Vehicle detection)

  • ブレーキ時の衝突軽減 (Collision mitigation by braking)
  • 前方車両衝突警報 (Forward Collision Warning (FCW))
  • 低速時前方車両衝突警報 (Urban Forward Collision Warning (uFCW))
  • 前方車間距離警報 (Headway Monitoring and Warning (HMW))
  • Vision Only アダプティブクルーズコントロール (Vision Only Adaptive Cruise Control (V.O. ACC))

-レーダービジョンフュージョン (Radar vision fusion)
-障害物検知 (General object detection)
-歩行者検知 (Pedestrian detection)

  • 歩行者衝突警報 (Pedestrian Collision Warning (PCW))

-交通標識検知 (Traffic sign detection)
-ヘッドランプコントロール (Head lamp control)

  • バイナリーヘッドランプコントロール (Binary Headlamp Control (FLA/AHBC/AHC/IHC))
  • インテリジェント照射レンジ (Intelligent Light Ranging (ILR/StFLA))
  • 防眩ハイビームコントロール (Non-Glaring High beam Control (NGHB))

-リアカメラ向けアプリケーション (Rear camera applications)
-サラウンドビューシステム (Surround view systems)

衝突回避システム (Collision Avoidance Systems)
-Mobileye 5-Series アフターマーケット向け (Mobileye 5-Series for aftermarket)

  • 前方車両衝突警報 (Forward Collision Warning (FCW))
  • 歩行者衝突警報 (Pedestrian Collision Warning (PCW))
  • 前進モニタリング警報 (Headway Monitoring Warning (HMW))
  • 車線逸脱警報 (Lane Departure Warning (LDW))
  • インテリジェントハイビームコントロール (Intelligent High-beam Control (IHC))
  • スピードリミットインジケーター (Speed Limit Indicator (SLI))

-Mobileye 560

  • デイライト歩行者衝突警報、自転車検知 (Daylight pedestrian collision warning, including bicycle detection)
  • 前方車両衝突警報、高速道路および都心エリア、二輪車検知 (Forward collision warning, both in highway and urban areas, including motorcycle detection)
  • 車線逸脱警報 (Lane departure warning)
  • 前進モニタリング警報 (Headway monitoring and warning)
  • インテリジェントハイビームコントロール (Intelligent high-beam control)
  • 交通標識認識 (Traffic sign recognition)

-Mobileye Shield + トラック、バス、商用車向け (Mobileye Shield + for trucks, buses and commercials vehicles)

  • 自転車および歩行者保護 (Cyclist and pedestrian protection)

沿革

1999年 Amnon Shashua教授とZiv Aviram氏がイスラエルで創業。
2001年 オランダに持株会社 Mobileye B.V. 設立。
2003年7月 Mobileye B.V. からオランダの有限責任会社 Mobileye N.V. に変更。
2014年8月 ニューヨーク証券取引所に上場。
2017年3月 IntelがMobileyeを153億ドルで買収することに合意したと発表。

補足 1