Sona Group

会社概要

■URL

http://sonagroup.com/

■本社所在地

38/6, NH-8, Delhi-Jaipur Road, Gurgaon, Haryana 122002, India

業容

-グループは、いくつかの自動車部品メーカーから成り立っており、大多数はインドにある。インド市場で最大手のステアリングシステムメーカーを傘下に保有。

-インド国内に16工場、ドイツに3工場、米国に1工場を有する。

-以下は、同グループに属する自動車関連企業。

会社名 主要製品 概要
Sona BLW Precision Forgings Limited

-精密鍛造ギア

-ディファレンシャルギヤASSY

-シンクロナイザーリング

-1995年設立、1996年11月に生産開始。
-Sona Okegawa Precision Forging Limitedから社名変更。
-2017年3月、Sona BLW Precision Forgings Limitedの三菱マテリアルの全持ち株を取得すると発表した。
Sona BLW Prazisionsschmiede GmbH -精密鍛造ギア
-アクスル部品
-2008年1月、ドイツのThyssenKrupp Technologies AGより、ThyssenKrupp Prazisionsschmiede GmbHを買収。
Mahindra Sona Limited (MSL) -ドライブトレイン部品
-ステアリング部品
-アクスル部品
-米国のDanaとの合弁会社として設立。
-1994年に株式を買い取り、インドにおけるプロペラシャフトの大手独立系メーカーとなった。
-プロペラシャフトにおいてインドの主要サプライヤー

主要製品

Sona BLW Precision Forgings Limited

-インターアクスルデフASSY (Inter-axle differential assemblies)
-デフキャリア用キャップ (Caps for differential carrier)
-モノブロックスピードギア (Monoblock-speed gears)
-シンクロメッシュ部品 (Synchromesh components)
-コンパクトドライブヘッドモジュール (Compact drive head modules)
-一体型ベベルギアおよびスプライン (Integrated bevel teeth and splines)
-ケースデフASSY (Differential case assemblies)
-フェースギア (Face gears)
-大型カップリング (Heavy-duty couplings)
 

Sona BLW Prazisionsschmiede GmbH

-ベベルギア (Bevel gears)

  • ベベルギアセット (Bevel gear sets)
  • ディファレンシャルベベルギア (Differential bevel gears)
  • トランスミッション用ベベルギア (Transmission bevel gears)

-スピードギア (Speed gears)

  • カップリングコーン (Coupling cones)
  • シフトおよびカップリング部品 (Shift and coupling components)

-シンクロナイザー要素部品 (Synchronising elements)

  • シンクロナイザーリング (Synchronizing rings)
  • シンクロナイザーコーン (Synchronizing cones)

-カップリングシャフトおよびステアリングピニオン (Coupling shafts and Steering pinions)

-トランスミッション/アクスル部品 (Transmission / Axle parts)

  • スタブアクスル (Stub axles)
  • ホイールハブ (Wheel hubs)
  • フランジ (Flanges)
  • ギアブランク (Gear blanks)

-カムロブ (Cam lobes)

-シャシーおよびトランスミッション部品 (Parts for chassis and transmission)

  • 精密鍛造ディスクブレーキ部品 (Precision forged disk brake components)
  • 特殊スパーギアおよびベベルギア (Special spur gears and bevel toothings)

-大型車用鍛造部品 (Forged heavy-duty vehicle parts)

  • ドライバーキャビンベアリング用ギアロッカー (Gear rockers for driver cabin bearings)
  • キャッチ/カップルジョー (Catch / coupled jaws)
  • トラック用ステアリングナックル、フロントアクスルおよびトレーラーアクスル (Steering knuckles for trucks, Front axles and Trailer axles)
  • アクスルエンド、ブレーキアンカープレート (Axle ends and Brake anchor plates)
  • 大型エンジン用コンロッド (Connecting rods for large engines)
  • スプリングブラケット、ホイールハブ (Spring brackets and Wheel hubs)
  • デフハウジング用カバー (Covers for differential housing)
  • シャフトブレーキディスク用ハブ (Hubs for shaft brake disks)

-エンジン部品 (Engine parts)

  • 大型エンジン用ピストン (Pistons for large engines)
  • ピストン下部 (Piston lower sections)
  • モノサームピストン (Monotherm pistons)

Mahindra Sona Limited

-プロペラシャフト (Propeller shafts)
-クラッチドライブプレート (Clutch driven plates)
-クラッチカバーASSY (Clutch cover assemblies)
-アクスルシャフト (Axle shafts)
-ステアリング用ユニバーサルジョイント (Steering universal joints)
-ユニバーサルジョイントセット (Universal joint kits)
-ステアリングスピンドル (Steering spindles)
-スリーブASSY (Sleeve assemblies)
-トランスミッションヨーク (Transmission yokes)
-ステアリングコラム (Steering columns)
-たわみ継手 (Flexible couplings)
-リーフスプリング (Leaf springs)
-ダイアフラムクラッチASSY (Diaphragm clutch assemblies)
-ヨークシャフト (Yoke shafts)
-ドライブシャフトASSY (Drive shaft assemblies)
-ボールスプラインユニット(Ball spline units)
-カップリングヨーク (Coulping yoke)
-アクスルシャフトヨーク (Axle shaft yoke)
-雄ヨークシャフト (Male yoke shaft)
-鋸歯状フランジヨーク (Serrated flange yoke)

沿革

1985年01月 光洋精工 (現JTEKT) との間で、マニュアルステアリングギアおよびコラムに関する技術提携契約を締結。
1986年02月 Sona SteeringがMaruti Udyog (現Maruti Suzuki) と合弁契約を締結。
1987年10月 Sona Steering Systemsが生産を開始。
1988年05月 Sona Steering Systemsが上場。
1992年07月 光洋精工(現JTEKT) がSona Steeringの株式を8%取得。
1994年08月 Sona Steeringが光洋精工 (現JTEKT) の認可ベンダーとなる。
1994年09月 Mahindra Sona Ltd.を設立。
1995年03月 Mahindra SonaがMahindra & Mahindraの自動車部品部門を買収。
1995年07月 パワーステアリングギアに関して、光洋精工 (現JTEKT) と技術提携。
1995年12月 三菱マテリアル (株) との合弁でSona Okegawa Precision Forging Limitedを設立。
Sona Somic Lemforder Componentsが生産を開始。
1997年05月 光洋精工 (現JTEKT) のSona Steeringへの出資比率が20.5%に上昇。
1997年11月 Sona Cold Forgingsが生産開始。
1998年10月 Sona Steeringが社名をSona Koyo Steering Systems Ltd.に変更。
1998年11月 Sona Okegawaがインド国内および輸出向けにベベルギアの生産開始。
2004年09月 Sona Koyoがインドのチェンナイに輸出志向型工場を設立。
2004年11月 Fuji Autotech France S.A.S.への出資比率が21%に。
2006年07月 Sona Somic LemforderとSona Cold Forgingを合併。
2007年11月 合弁会社を4社設立 (合弁相手/設立会社)。
1. ジェイテクト - Sona Automotive India Ltd.
2. 富士機工 - Sona Fuji Kiko Automotive Ltd.
3. American Axle - AAM Sona Axle Pvt. Ltd.
4. Arjan Auto - Arjan Stampings Ltd.
2008年01月 ThyssenKrupp Technologies AGより ThyssenKrupp Prazisionsschmiede GmbHを買収。
2011年 AAM sona Axle Private LimitedをAmerican Axle & Manufacturingに売却。
2012年

同社が保有するSona Somic Lemforder Components Limitedの全株式をZF Friedrichshafenに売却。

Sona Koyo Steering Systemsは、Arjan Auto Private Limitedが保有するSona Stampings Limited (SSL) の株式30.08%を取得し、SSLを完全子会社化。

2013年

Sona Koyo Steering Systemsは、合弁会社Fuji Autotech Europe S.A.S.に対する持分の全てを、合弁相手のFuji Kiko Europe S.A.S.に7.75百万ユーロで売却。

2017年02月

SonaグループはSona koyo Steering Systemsの全株式をジェイテクトに売却。

2017年03月

SonaグループはSona BLW Precision Forgingsの三菱マテリアルの全株式を取得。

2018年04月

Sona Koyo Steering Systems LimitedがJTEKT India Limitedに改称。

補足 1

>>>2015年3月期の動向
>>>2016年3月期の動向
>>>2017年3月期の動向

>>>展示会取材アーカイブス

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。