Tesla Motors:計画を2年早めて2018年に50万台生産を目指す

巨大電池工場Gigafactoryでの生産も前倒し、パナソニックは4,000億円を調達しセルを生産

2016/10/18

要約

既に40万台弱を受注したModel 3(写真:Tesla Motors)
既に40万台弱を受注したModel 3(写真:Tesla Motors)

 Tesla Motorsは、2015年秋にModel S派生のSUV Model Xを投入し、また両モデルに「Highway(日本の幹線国道)での自動運転システム」Autopilotを導入した。

 同社は、他に類を見ない積極策で拡大を続けている。2015年の世界販売は50,595台、2016年計画は8~9万台。従来は2020年に50万台生産するとしていた。

 しかし2017年後半に生産開始予定のベース車価格35,000ドルのModel 3は、2016年3月に発表後1週間で325,000台を受注し、50万台の達成時期を2018年に2年前倒しした。カリフォルニア州フリーモント工場の生産能力を倍増し、巨大電池工場Gigafactoryでの生産計画も2年間前倒しする。電池セル生産を担当するパナソニックは、2016年9月、社債発行で4,000億円を調達し、その大部分をGigafactoryの設備構築と生産に充てる見込み。

 2016年5月の第一四半期決算発表後に、Musk CEOはさらに計画を加速して、2020年に100万台生産を目指すとも発言している(内訳はModel SとModel Xの合計が10~15万台、残りはModel 3)。

 この急激な飛躍を目指す計画が、この通り達成されるかについては、危ぶむ見方も多い。その要因としては、Tesla Motorsに量産の実績がないこと、Tesla Motorsおよびサプライヤーが巨額の投資を必要とすること、などが挙げられている。

 


関連レポート:
米国新興メーカーのEV/PHV計画:Tesla Motorsは2020年に50万台の構想 (2014年02月)



Master Plan 2を発表、EVで全主要セグメントに参入を構想

 Tesla Motorsは、2016年7月、Master Plan 2を発表した。EV分野では、全ての主要なセグメントに参入するとしている他、自動運転を進化させ、またカーシェアリングを活用しオーナーが使用しないときにはTesla車が稼いでくれるシステムを構築する。

 これは、Teslaが2006年に発表したMaster Plan 1に続くもの。Master Plan 1を振り返ってみると、発電システムへの進出を含め、「高級・少量生産車(Roadster)」から始めて「やや低価格の中ボリューム車(Model S)」を開発、さらに「手頃な価格の量販車(Model 3)」を投入するという10年前に発表した計画が実現されている。



Tesla MotorsのMaster Plan Part 2

 太陽光発電と電力貯蔵を統合したシステムを構築する(その一環としてSolarCityを買収した)。
 EVラインアップを拡充し、全ての主要セグメントに参入する(Model 3、Model 3ベースのSUV (Model Y)、新しいタイプのピックアップトラックに続いて、大型トラックと小型で多くの乗客を運べるバスを開発する)。Model 3より低価格のEVを開発する計画はない。
 人間の運転より何倍も安全な自動運転システムを開発する。
 カーシェアリングシステムを構築し、Tesla車を使用しない時間には、車が稼いでくれるようにする(Tesla車オーナーが車を使用するのは1日の5~10%の時間のみ。Tesla車が稼いでくれると、車を購入・所有する実質負担額は劇的に下がるとしている)。カーシェアリングでも、自動運転が大きな力を発揮する。
資料:Tesla Motors 2016.7.20



Tesla MotorsのMaster Plan Part 1

高額なEVスポーツカーを開発し少量生産する。
その収益で、より低価格で中ボリュームのEVを開発・生産をする。
その収益で、手頃な価格(affordable)のEVを開発し大量生産する。
太陽光発電システムに参入する。
資料:Tesla Motors2006年
(注)Musk CEOは、ゼロからスタートしたTesla Motorsにとって、成功への道筋は上記しか描けなかったとしている。また、少量生産であっても、本格的なEVを世に示すことで、次の段階へ進むことができた(2016年3月31日のModel 3発表会での発言)。



ソーラーパネルシステムのSolarCityを買収

 2016年8月、TeslaがソーラーパネルメーカーのSolarCityを買収することで両社が合意した。買収は、SolarCityの株式(時価総額28億ドル)をTeslaの株式と交換するかたちで行われる。Teslaは、世界で唯一の垂直統合型エネルギー企業となり、EVに加えて、家庭向け、産業向けおよびスマートシティ向けの電気エネルギー創出、貯蔵および消費についての効率的なシステムを供給することができるとしている。
 Tesla Motorsは、2015年から、家庭向け定置用蓄電池Powerwallと産業向け定置用蓄電池Powerpackを販売している。2015年第4四半期から、生産をGigafactoryに移した。既に米国、ドイツ、オーストラリアで納入している。Powerwallは、Tesla Motorsの充電器Destination Chargerにも使用されている。
資料:Tesla Motorsのpress release 2016.8.1


新モデル投入と生産・販売計画:2018年に50万台生産を計画

 2015年末でTesla車10.7万台が世界42カ国の道路を走行し、Autopilotは1日当たり100万マイルを走行してデータを蓄積している。

 2015年秋にModel Sの派生SUV Model Xを発売し、Model SとModel XにHighwayでの自動運転技術Autopilot機能を設定した。次いでベース車価格35,000ドルのModel 3の受注を2016年3月末に開始し、1週間で325,000台を受注した。2017年7月1日に生産開始し、同年中に発売する計画。

 量販車Model 3が加わったことにより、Tesla Motorsは従来2020年に50万台(全モデル合計で)生産する計画であったが、2016年前半に、2018年に前倒しすると発表し、Gigafactoryでの生産計画も2年前倒しする。

 この他の新モデルとしては、3~4年先以降になるが、Model 3ベースのSUV Model Y、第2世代のRoadsterなどを計画している。

 これら製品への需要拡大に対応するため、カリフォルニア州フリーモント工場の生産能力を倍増するなど生産拠点を強化、世界の販売網を2015年3月時点での215箇所から2017年末に441箇所に拡充、120kWで充電する急速充電器Superchargerを3,608箇所から7,200箇所に、Destination Charger(ホテルなど長時間滞在する場所に設置)を3,689箇所から15,000箇所に増設する。



Model SベースのSUV Model X(写真:Tesla Motors) リヤのファルコンウイングを開いたModel X(シーテックジャパン2016で撮影) 斜め後ろから見たModel X(シーテックジャパン2016で撮影)
Model SベースのSUV Model X
(写真:Tesla Motors)
リヤのファルコンウイングを開いたModel X
(シーテックジャパン2016で撮影)
斜め後ろから見たModel X
(シーテックジャパン2016で撮影)
Model 3のシンプルな運転席周り(写真:Tesla Motors) Model S、Model X、Model 3を生産するカリフォルニア州Freemont工場(写真:Tesla Motors) Superchargerでの充電(写真:Tesla Motors)
Model 3のシンプルな運転席周り
(写真:Tesla Motors)
Model S、Model X、Model 3を生産するカリフォルニア州Freemont工場
(写真:Tesla Motors)
Superchargerでの充電
(写真:Tesla Motors)



Tesla Motorsのモデル計画

モデル名 発売時期 概要
Model S 2012年  容量60kWh、75kWh、90kWh、または最新の100kWh(下表参照ください)のリチムイオン電池を搭載する。全長4978mm、全幅1950mm、全高1435mm。2014年に2モーターのAWD車を設定した。価格は、67,200~135,700ドル。
Model X 2015年秋  Model S派生のSUV。リヤにファルコンウイングドアを搭載。容量60kWh、75kWh、90kWh、または最新の100kWh(下表参照ください)のリチウムイオン電池を搭載する。 乗車定員7名。AWDを標準装備し、前後のモーターで駆動する。価格は、75,200~136,700ドル。
Model 3
(注2)
2017年末  Tesla Motorsが以前から約束していた"affordable"モデルで、ベース車価格は35,000ドル(購入への支援策適用前)前後と見られる。ベース車は 1 モーターのFR車、2 モーターのAWDも設定される見込み。航続距離は215マイル(約350km)とされる。Autopilotも標準装備する見込み。
 2016年3月31日に予約受付を開始し、1週間で325,000台の受注を獲得した。ただし予約金は1,000ドルで、解約返金が可能。
 2017年後半からModel 3の生産開始し、2018年にModel 3を中心に50万台生産すると発表しているが、多くのアナリストは、2017年後半に生産を開始しても本格的な量産は2019年からではないかと予測している。
Model Y 2019-2020  Model 3ベースのクロスオーバー車。ベース車価格は40,000~45,000ドル。AWDを標準装備し、航続距離は少なくとも215マイル(約350km)と推定されている。Musk CEOは、年間50~100万台販売も期待できるとしている。
Roadster 2019年頃  第2世代Roadsterを、Lotus車ベースの初代とは異なり、Model 3/model Yとプラットフォームを共有して開発し、0-60 mile-per-hour 2.8秒を目指すとされる。
Model S 2020年頃  Model Sのフルモデルチェンジを予想。
その他 2020年~  Tesla Motorsは、さらにピックアップトラック、大型トラック、小型で大量の乗客を運べるバスを開発するとしている。
資料:Automotive News 2016.9.12/2016.4.11
(注)1. Model Sは、2015年に米国で25,202台販売し、米国大型高級4ドアセダン車市場でトップ(第2位はMercedes-Benz S-Classの21,934台)。2016年1~8月実績も14,489台でトップ(第2位のS-Classは11,974台)。
2. Model 3のインテリアは、非常にシンプルな設計で、ステアリングホイールと幅15インチ(約38cm)のタッチスクリーンがあるだけでインストルメントパネルなどはない(上の写真(下段左)を参照ください)。CEO Muskは、「宇宙船」のような感覚で設計したもので、具体的内容や機能は段階的に発表するとしている。メディアやTesla車愛好家は、「Tesla Model 3は、現在Model S/Xに搭載しているものより進化したAutopilotを搭載するだろう」、「Autopilotの状況を含め、車速やその他のデータをヘッドアップディスプレイで表示するのだろう」、などと推測している。



 Tesla Motorsは2016年8月、Model SとModel Xに、容量100kWhのリチウムイオン電池を搭載するバージョンModel S P100DとModel X P100Dを発売した。Model S P100Dは、EVとして初めて航続距離300マイルを超え315マイルを実現。また世界で3番目に速い加速(0-60マイル2.5秒)を実現した(LaFerrariとPorsche 918 Spiderはより速い加速性能を持つが、いずれも2人乗りスポーツカーで、価格は100万ドル超、限定生産車で現在新車は購入できない。Model Sは大人5人と子供2人が乗車できる)。



Model SとModel Xに100kWh電池を搭載(Ludicrous mode付き)

  搭載する
電池容量
航続距離 0-60マイル
所要時間
EPA cycle NEDC cycle
Model S P100D 100kWh 315マイル 613km 2.5秒
Model X P100D 289マイル 542km 2.9秒
資料:Tesla Motorsプレスリリース 2016.8.23
(注)1. オプション設定した「Ludicrous mode」は、電池容量の拡大ではなく、エレクトロニクスにより性能を向上させた。通常は1,300アンペア以上の電流が流れるとヒューズが切れる設計のところを、安全を確保した上で1,500アンペアが流れるようにし、性能を引き上げた。"ludicrous"は「馬鹿げた」「滑稽な」の意。
2. Model S P100Dの価格は134,500ドル。


Tesla Motors:巨大電池工場”Gigafactory”を建設、パナソニックがセル生産を担当

 Tesla Motorsは、ネバダ州に、50万台分のリチウムイオン電池を供給する巨大電池工場Gigafactoryを建設中。Tesla Motorsは、50万台を生産する時期を2020年から2018年に前倒ししたことに対応し、Gigafactoryでの生産計画も2年前倒しする。

 リチウムイオン電池を供給するパナソニックは、2016年9月に4,000億円の社債を発行して資金を調達し、Tesla Motorsの計画に応える。パナソニックは、Tesla Motorsの計画が成功すれば自動車業界に大きな変革をもたらすことになり、パナソニックにとっても成長への好機会だとしている。



Tesla Motorsがネバダ州に建設中のGigafactory、パナソニックがセル生産を担当する Tesla Motorsがネバダ州に建設中のGigafactory、パナソニックがセル生産を担当する
Tesla Motorsがネバダ州に建設中のGigafactory(左は完成予想図、右は建設中の状況)、

パナソニックがセル生産を担当する(写真:Tesla)



Tesla Motors:巨大電池工場Gigafactoryを建設

 Tesla Motorsは、ネバダ州に巨大リチウムイオン電池工場Gigafactoryを建設している。パートナーと合わせて総額50億ドル(Teslaだけで20億ドル)を投資し、年間EV 50万台分のリチウムイオン電池(容量合計は35GWhで、これは2013年に世界で生産された全電池容量を上回る)を供給する。
 太陽光パネルや風力も利用して発電する。2014年6月に建設を開始し、2017年にリチウムイオン電池生産を開始。工場建屋は2階建で、パナソニックが生産したセルをTeslaのフロアに送り、Teslaが最終電池パックに仕上げる工程をとる。工場敷地面積は、東京ドーム280個分に相当する。
資料:Tesla Motors



パナソニック:4,000億円を調達し、Teslaの増産に対応

 パナソニックは、2007年からTesla Motorsにリチウムイオン電池を供給してきた。Teslaと連携して大規模電池工場Gigafactoryの建設を協議してきたが、2014年10月に、Gigafactory内でリチウムイオン電池を生産するため、Panasonic Energy Corporation of North Americaを設立した。パナソニックは当初、Gigafactory建設に16億ドルを投資するとしていた。
 パナソニックは、TeslaのModel SおよびGigafactoryでの生産計画の前倒しに対応する。2016年9月に4,000億円の社債を発行し、その大部分はTeslaのGigafactoryに投入する。パナソニックはリチウムイオン電池事業を、2015年度の車載事業1,800億円、蓄電事業200億円から、2018年度にそれぞれ4,000億円、1,000億円に拡大する計画。
  パナソニックは、「18650」と呼ぶ直径18mm、高さ65mmの円筒形電池)を供給してきたが、新たに「21700」を開発した。電池体積の増加に加えニッケル系電極材料の改善などでエネルギー密度を高めて電池容量を増やし、Model Sには1台あたり7,000本程度供給しているが、Model 3では1台あたり4,000~5,000本程度に減らせる見込み。
資料:パナソニックのプレスリリース 2014.10.3、2016.7.15/9.1、日刊工業新聞 2015.11.13


Autopilot事故への対応:手放し運転できないよう対策を強化

 Tesla Motorsは、2015年秋に、Highwayでの高速道路での自動運転システムAutopilotをModel SとModel Xに設定した。

Highwayでの自動運転Autopilotを導入

 Autopilotは、カメラ、ミリ波レーダー、超音波センサーとGPSを装備し、Highwayのレーン内を自動走行、レーンチェンジを行い、Traffic-aware cruise controlにより走行速度を自動でコントロールする。ドライバーが車外からスマートフォンで操作して、自動駐車する機能も持つ。
 Tesla Motorsは、2014年10月から出荷するModel Sに、Autopilotに必要なカメラ、レーダー、超音波センセンサーとGPSを搭載してきた。2015年10月にversion 7.0ソフトウエアをOTA(over-the-air)により送信してAutopilotシステムの作動を可能にした。
 Tesla Motorsは、自動運転技術の完成を待たずに「部分的な」自動運転システムであるAutopilotを導入したのは、現システムで既に人の運転より安全性が高いためとしている。NHTSAによると、米国での人身事故発生の割合は8,900万マイル走行につき1人の割合。Autopilot装着車は、その2倍の距離を走行している。しかもAutopilotの性能は日々向上している。
資料:Tesla Motorsプレスリリース 2015.10.14、Automotive News 2016.7.11

 (注)Tesla Motorsは、AutopilotはHighwayでの自動運転技術としている。"Highway"は、日本の「高速道路」より「幹線道路」に近いと思われる。以下の死亡事故は、左折してきたトレーラーにAutopilot搭載車が衝突して発生した。

  2016年5月に、Autopilotを使用中のModel Sで死亡事故が発生した。「自動運転」中の初の死亡事故として注目を集め、運転責任がドライバーにある段階の技術を「自動運転」と呼ぶことへの批判も起こった。

 Autopilotでは、ドライバーが常に手をハンドルに置いておくことが必要で、その旨を説明書に謳っていて違反すると警告もする。しかし警告を無視して走行しても自動走行が続けられるようになっていた。Tesla Motorsは、多くのAutopilot搭載車からデータを収集して自動運転のレベルアップを図っており、それを続けることを優先させていたとされる。

 Teslaは、2016年9月に、version 8.0 softwareをover-the-air software updateでModel S とModel XのAutopilot搭載車に送信した(Autopilot導入時のソフトはversion 7.0)。レーダーをより活用するシステムとして自動運転の精度を上げ、また、手放し運転を続けるとチャイムが警告し、違反を繰り返すとAutopilotの機能を停止する仕組みを導入した。



Model 3の販売目標達成は困難との見方も

 2016年8月8日付Automotive Newsは、Tesla Motorsが2017年7月1日にModel 3の生産を開始し、2018年にTesla車50万台生産するとの計画は大きな困難に直面しているとしている。

 Tesla Motorsは、既存工場の強化と、Model 3に電池を供給する巨大電池工場GigafactoryをNevada州に建設する計画を進めており、2016年に22億5,000万ドルの設備投資をすると見られる。Teslaは2016年第2四半期に17億ドルの資金を調達し、第2四半期末で32.5億ドルの現金を持つと発表しているが、多くのアナリストは、費用はこれでは収まらないと見ている。2016年第2四半期まで13四半期連続で巨額の損失を出しているTeslaを、出資者等関係者が、これまでと同じように辛抱強く支えることができるかがポイントになる。

 Tesla社内の開発・生産部門と外部サプライヤーが、どこまで計画通りに進められるかも焦点。仮に計画が大きく遅れることになると、「手頃な価格のTesla車(affordable Tesla)」というコンセプトへの疑問が大きくなる可能性もある。

 Musk CEOは、内外とも脱落するところは脱落させ交代させてでも、Model 3の2017年7月1日生産開始に突き進むとしている。



Tesla Motorsの業績

(1,000ドル)

  2014年 2015年 2015年
1~6月期
2016年
1~6月期
Revenues 3,198,356 4,046,024 1,894,856 2,417,065
Gross profit   881,671 923,503 473,443 527,244
Loss from operation (186,689) (716,629) (272,634) (486,264)
Net loss (294,040) (888,625) (338,408) (575,455)
Research & development (464,700) (717,900) (348,866) (374,146)
Capital Investment (969,885) (1,634,850) (831,225) (511,579)
資料:Tesla Motors


LMC Automotive販売予測:Tesla Motorsの2019年販売は21万台と保守的な見方

(LMC Automotive, 2016年第3四半期)

Teslaの販売予測

 LMC Automotiveは、Tesla Motorsについて保守的な販売予測を示している。Tesla MotorsはPremium Electric Vehicleの分野で大きな成功を収めているが、Model 3で量販車領域に進出すると全く様相が異なってくる。高度な複雑さを有する量産については、Teslaは実績がない。また併行して進めているTeslaのGigafactoryの目標達成も容易ではないと見られる。サプライヤーは目標達成には巨額の投資が必要であり、彼らにとってかなり高いリスクとなる。

 Model 3は約40万台の受注を獲得しているが、予約金は返金可能であり、40万台の販売が保証されているわけではない。

 これらの状況を総合的に判断すると、LMC AutomotiveはModel 3を中心とするTesla Motorsの今後の販売については、保守的な予測が適切としている。

 LMC Automotiveの2016年第3四半期予測によると、Tesla Motorsの2019年世界販売は21万台と、2015年比4.4倍に拡大する。

 米国でのTesla車販売は、2016年も業界平均を上回って拡大する見込み。その背景としては、生産が軌道に乗ってきたModel Xの販売が年間フルに貢献し、その分Model Sの販売は前年比22%減少するが、米国販売全体では2015年比33%増加すると期待される。

 Tesla Motorsの販売は、本予測期間を通して大幅に拡大する見込み。モデルラインアップの拡充がポイントで、2021年には6モデルになる見込み。2015年秋に発売されたModel X SUVにより、Tesla Motorsは今日大変人気のある高級SUVセグメントに参入した。

 2017年末にコンパクトプレミアムセダンModel 3を投入する予定で、すでに40万台に迫る受注を獲得するなど注目を集めている。2018年にはModel 3ベースのSUV、2019年にはTeslaの第1号モデルであるRoadsterの新型車を発売する。

 Tesla車の国別販売では、米国が世界販売の50%以上を占め最大市場である。欧州各国や中国での販売拡大に伴い比率は多少低下するが、2019年でも世界販売の51.6%を占めると予測される。欧州のドイツ、ノルウエー、そして中国が2019年にそれぞれ1万台を超え米国市場に続く見込み。



Tesla Motorsの2019年世界販売は21万台に拡大(LMC Automotive)

  2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
Total 22,529 28,066 48,055 59,747 85,040 145,020 209,813
USA 17,903 15,262 25,616 34,051 50,716 80,005 108,278
Germany 215 817 1,582 1,975 2,721 10,766 18,497
Norway 1,977 3,990 3,984 4,543 8,433 12,659 18,293
China 0 2,499 3,692 6,368 6,630 10,051 13,109
Netherlands 1,186 1,510 1,912 2,620 4,444 6,316 9,870
France 38 328 708 732 850 4,803 9,587
UK 0 717 1,468 2,721 2,765 4,429 6,878
Canada 639 786 2,021 2,119 2,435 3,504 4,640
Belgium 148 521 820 868 1,188 2,227 3,822
Switzerland 215 494 1,548 1,711 1,989 2,531 3,302
Austria 50 136 492 704 825 1,486 2,367
Spain 1 15 10 49 172 977 2,063
Italy 21 55 134 193 267 898 1,744
Sweden 5 267 996 608 515 1,096 1,724
Korea 0 0 0 0 427 1,124 1,485
Denmark 112 460 2,736 171 229 606 1,122
Portugal 0 0 0 9 42 410 860
Finland 2 95 146 111 150 422 706
Ireland 0 3 2 10 36 244 594
Greece 0 0 0 7 20 190 419
Luxembourg 5 35 33 45 56 139 274
Ukraine 0 8 23 32 32 37 48
Czech Republic 7 20 57 37 34 33 44
Estonia 1 19 6 12 20 20 29
Slovenia 3 13 8 12 17 18 26
Poland 0 8 21 12 12 12 12
New Zealand 0 0 22 12 12 12 12
Latvia 1 3 7 2 3 5 8
Lithuania 0 1 4 4 0 0 0
Hungary 0 4 7 8 0 0 0
Singapore 0 0 0 1 0 0 0
資料: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast" (Q3 2016)
(注) 1. データは、小型車(乗用車 + 車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
2. より詳細なデータのご用命やお問い合わせはこちらの頁へ

キーワード

Autopilot、Gigafactory、フリーモント工場

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>