日本の新車販売見通し:2014年度販売は510万台超も

2013年度は個人消費増と消費税増税前の駆け込みで569万台

2014/04/28

要 約

  2013年度の日本の新車販売は、前年度比9.2%増の569万台となり、2006年度の562万台以来の高い水準。アベノミクスによる個人消費の増加、メーカー各社の新モデル導入、そして、2014年4月の消費税増税前の駆け込み需要が販売を促進した。

 4月以降、消費税増税による駆け込み需要の反動減と、需要減退が懸念されている。前回の消費税増税時(1997年4月)には、1997年7月以降の経済状況の悪化(7月からのアジア通貨危機、11月の山一証券の自主廃業など)もあり、1997年度の販売台数は前年度比13.9%減の628万台へ急落した。

 2014年度の国内販売の見通しについては見方が分かれている。日本自動車工業会は、2014年度の国内需要は475万台と前年度比16.6%減少すると予想している(3月20日発表)。これは、経済状況も悪かった1997年度の13.9%減よりも減少すると見通していることとなり、悲観的なシナリオを想定していると考えられる。一方、主要メーカーや、シンクタンクによる見通しでは、足下の経済状況と販売状況から、510万台-530万台(前年度比10.4%-6.9%減)になると予測されている。

 アジア通貨危機が起きた1997年と2014年では足下の経済状況が異なるため、販売台数が1997年度と同じように13.9%も減少するような状況が起きることは想定しにくい。2014年度の販売台数は、ホンダ/日産が想定するように前年度比約10%減の510万台を超える水準になると見通すことは合理的であると考える。

 なお、英国の調査会社 LMC Automotive社の暦年予測によれば、2014年暦年のライトビークルの販売台数は微減の522万台と予測している。2015年暦年については、駆け込み需要の反動減が2015年1-3月にでるため、前年比11.7%減の461万台を見込む。

 

日本の新車1・推移
グラフデータ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 年度
合計
販売
台数
:千台
1996
年度
516 481 591 680 395 658 576 652 562 446 665 1,065 7,288
1997
年度
438 428 557 610 357 614 511 518 515 353 525 849 6,275
2013
年度
365 368 451 472 367 523 422 457 423 496 565 783 5,692
2014
年度
345
(2014
年度
試算値)
310 327 425 424 331 487 374 364 388 392 446 624 4,893
前年
同月比
1996
年度
1.8% 3.7% -4.2% 4.8% -3.1% 4.0% 5.8% 9.9% 9.3% 11.5% 9.1% 11.3% 5.7%
1997
年度
-15.1% -10.9% -5.8% -10.3% -9.7% -6.8% -11.3% -20.5% -8.4% -20.9% -21.2% -20.3% -13.9%
2013
年度
1.5% -6.9% -10.8% -8.0% -1.1% 17.0% 17.3% 16.1% 25.0% 29.4% 18.4% 17.4% 9.2%
2014
年度
-5.5%
(資料) 日本自動車工業会のデータより作成 (2014年5月1日更新)


関連レポート:
・日本の新車販売(上):2014暦年の市場見通しと消費税増税 (2014年1月)

・日本の新車販売(下):モデル別・排気量別販売台数 (2014年1月)



2014年度の見通し:各種機関の見通し

 1989年4月に消費税が税率3%で導入された。当時は、いわゆるバブル経済期でもあり、経済状況が良かったこと、自動車に係る物品税が同時に廃止されたことから、1989年度の新車販売台数は前年度比10.4%増の745万台となった。1997年4月には税率が3%から5%に引き上げられた。増税前の駆け込み需要の反動減に加えて、アジア通貨危機などがあり経済状況が7月以降悪化したため、1997年度の新車販売台数は前年度比13.9%減の628万台に終わった。 
 消費税率が8%に増税された2014年度の国内販売について、各機関見通し(下表)は、 475万台(前年度比16.6%減)から530万台(同6.9%減)と分かれている。しかし、以下の理由から1997年度の13.9%減のような状況は起きず、2014年度の販売台数は、ホンダ/日産が想定するように、前年度比約10%減の510万台を超える水準になりえると考えられる。

1:有効求人倍率は2014年2月で1.05倍と1倍を超えており、0.7倍程度であった1997年度のような悪い経済状況にはない。
2:自動車取得税の減税があり、消費税増税を一定割合、相殺する (自動車関連税制の改正についてはこちらをご覧下さい)。
3:2014年4月は駆け込み需要の受注残もあり前年同月比10%程度の減少にとどまる見込み(1997年4月は同15.1%減)。
4:2015年4月1日以降に新規取得される軽自動車に対する、軽自動車税の増税が決まっている。2015年4月の前後には、軽自動車に対する駆け込み需要/反動減が想定される。

 なお、2015年10月に、消費税税率10%への再度の増税が行われる予定。このときには、自動車取得税が廃止される計画で、駆け込み需要とその反動減は共に小さくなると見込まれる。

新車販売台数と消費税

1989年度 1997年度 2014年度
消費税 税率3%で導入 税率3%→5%へ増税 税率5%→8%へ増税
当該年度の
新車販売台数
(前年度比)
745万台
(10.4%増)
628万台
(13.9%減)
各機関見通し(下表)
475万台(16.6%減)
-530万台(6.9%減)
自動車関連税の
軽減措置など
物品税の廃止
例: 普通車:18.5%→廃止(注)
無し 自動車取得税の減税
例:自家用登録車:税率5%→3%
(詳細はこちら)

経済状況:

有効求人倍率

1989年3月 1990年3月 1997年3月 1998年3月 2014年2月
1.17 1.36 0.74 0.57 1.05
(前月比0.01改善)

(注)物品税の廃止には、経過措置があった。普通車・大型車に対する、「消費税率」は暫定的に、1989年4月-1992年3月は6%、1992年4月-1994年3月は4.5%とされていた。

2014年度国内販売見通し

団体名など 2014年度見通し コメント 発表日

自動車

アナリスト

中西孝樹氏

四輪車合計:
510万-530万台
(前年度比10.4%-6.9%減)
(季節調整済み年率換算値)
4-6月期:460万台、7-9月期:500万台、下半期:520万台以上。
車体関連税の軽減措置が取られ、エコカー減税の拡充、賃金増などが支援材料となる。

2014/4/21
報道

ホンダ 四輪車合計:
510万-520万台
(前年度比10.4%-8.6%減)
消費税増税の影響は軽微で、軽自動車税の増税前の駆け込み需要もある。 2014/4/25
報道

第一生命

経済研究所

乗用車販売台数:
440万台
(前年度比9.3%減)
2014年1月時点の2014年度見込み446万台からは下方修正。駆け込み需要が前回の増税時(1997年度)より大きい。4月以降の反動減も大きくなる。しかし、14年度は賃金・雇用の改善が見込まれ、97年度(13.6%減)ほどの減少は避けられ、反動減後は緩やかに持ち直しに向かう。 2014/3/3
日産 四輪車合計:
510万
(前年度比10.4%減)
2014/4/17
報道

(1997年度と同じ下落幅の場合)

四輪車合計:
489万台
(前年度比13.9%減)
2014年度の前年度比の増減率が、1997年度の増税後と同様の下落幅となったと仮定した場合の試算値(前出のグラフをご覧下さい)。

日本自動車

工業会

四輪車合計:
475万台
(前年度見通し比15.6%減:注)
乗用車
403万台
(前年度見通し比16.3%減)
軽四輪車(乗用+商用)
181万台
(前年度見通し比18.8%減)
2014年度については、輸出増加、企業収益の改善、経済対策が景気を下支えするものの、消費税率引き上げによる消費者マインドの低下が懸念される。また、2013年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減も予想される。 2014/3/20
ダイハツ 軽市場:
180万-190万台
(前年度比20%-16%減)
2015年度は、軽自動車税の増税の影響と、消費税率10%への増税の影響で、170万台規模。 2014/4/24

資料:各社プレスリリース、各種報道、日本自動車工業会 2014年3月20日発表資料、第一生命経済研究所 Economic Indicators 2014/3/3から作成。
注:日本自動車工業会が発表した2014年度見通しは、3月20日時点のもので、前年度比はその時点の2013年度実績見通しによる。2013年度実績と比べた場合は16.6%減。



2014年度の日系自動車メーカーの国内販売計画

 自動車メーカー各社の2014年度の国内販売計画は多くのメーカーが、前年度比4-6%減を計画している。その中、ホンダは2014年夏以降の積極的な新型車の投入で拡販を図り、同21%増の103万台を計画(詳細はこちらのレポートをご覧下さい)。三菱自も同3%増の14.7万台を計画している。

メーカー 2014年度
見通し
(前年度比)

2013年度
実績

備考 2013年度決算
発表(予定)日
トヨタ・レクサス 145.0万台
(12.0%減)
小売台数
164.8万台 - 2014/5/8
追記
ホンダ 103万台
(21.4%増)
小売台数
84.8万台 2014年4月-9月:46万台(前年同期比38%増)
2014年10月-2015年3月:57万台(同11%増)
2014年夏以降、フィットベースセダン、ストリーム後継、新型レジェンド、N-BOX派生モデル、新型ステップワゴン、新型フィットシャトルを投入し、拡販する。
(詳細はこちらのレポートをご覧下さい)。
2014/4/25
(一部報道)
スズキ 67.5万台
(7.3%減)
小売台数
72.8万台 - 2014/5/9
追記
日産 64万台
(11%減)
小売台数
71.9万台 日産は2014年度の国内シェアを13%台半ばに近づけると4月18日に発表した(2013年度は12.6%)。
(2014年4月17日の報道による、台数見通しは69万台(前年度比4%減であった)。
2014/5/12
追記
ダイハツ 66.3万台
(5.5%減)
小売台数
70.1万台 登録車(13年度:3千台→14年度:3千台)
軽自動車(13年度:699千台→14年度:660千台)
2014年度に、新車を含めた6車種の新商品を投入して、シェアアップを目指す。
2014/4/24
マツダ 23.0万台
(6%減)
小売台数
24.4万台 2014年4月-9月:10.4万台(前年同期比6%減)
2014年10月-2015年3月:12.6万台(同5%減)
2014/4/25
富士重工 19.5万台
(7.3%増)
売上げ台数
18.2万台
売上げ台数
- 2014/5/9
追記
三菱自 14.7万台
(3%増)
小売台数
14.3万台 登録車(13年度:52千台→14年度:54千台)
軽自動車(13年度:91千台→14年度:93千台)
eK シリーズの好調な販売を見通す(13年度:55千台→14年度:78千台)
2014/4/24
いすゞ 7.4万台
(7.7%増)
小売台数
6.8万台 - 2014/5/12
追記
日野 4.95万台
(5.2%減)
5.22万台 - 2014/4/25
合計 515.4万台
(3.4%減)
533.3万台 (10社合計) 2014/5/12
現在

資料:各社プレスリリース

注:2014年5月に、2013年度決算を発表する各社の情報は、判明次第、更新していきます。




2013年度の新車販売実績:2006年度以来の569万台

  2013年度の日本の新車販売は、3年度連続で増加して前年度比9.2%増の569万台となった。2006年度の562万台以来の水準。

 その内、軽自動車の販売台数は、前年度比14.7%増の226万台と過去最高であった2006年度の203万台を大きく上回った。販売比率を見ると軽自動車は39.7%と、前年度に比べて1.8%ポイント拡大。ホンダNシリーズやダイハツ ムーヴなど小型車に匹敵する装備を持つモデルが人気を集め、また、日産/三菱が新たに共同開発したデイズ/eK シリーズの販売も好調であった。

日本の車種別販売台数

(台)
2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度

2014年度
JAMA

見通し

乗用車 普通 1,227,801 1,336,033 1,092,516 1,340,498 1,276,280 1,311,793 1,345,357 1,509,877 2,563,000
小型 1,800,328 1,628,560 1,427,878 1,558,374 1,396,312 1,420,820 1,522,536 1,505,788
軽四輪 (A) 1,529,201 1,425,751 1,388,487 1,276,584 1,207,674 1,277,375 1,571,199 1,821,086 1,440,000
小計 4,557,330 4,390,344 3,908,881 4,175,456 3,880,266 4,009,988 4,439,092 4,836,751 4,003,000
トラック 普通 202,047 166,418 127,664 89,968 103,178 118,570 134,654 153,949 143,000
小型 340,709 280,251 228,871 180,459 185,119 202,026 223,918 248,942 223,000
軽四輪 (B) 501,415 467,292 420,390 421,607 421,113 411,562 401,401 440,753 370,000
小計 1,044,171 913,961 776,925 692,034 709,410 732,158 759,973 843,644 736,000
バス 大型 5,559 5,349 4,946 4,575 4,114 3,510 4,034 4,443 4,000
小型 11,485 9,966 10,027 8,199 7,345 7,617 7,191 7,329 7,000
小計 17,044 15,315 14,973 12,774 11,459 11,127 11,225 11,772 11,000
全車種合計(C) 5,618,545 5,319,620 4,700,779 4,880,264 4,601,135 4,753,273 5,210,290 5,692,167 4,750,000
軽自動車比率=(A+B)/C 36.1% 35.6% 38.5% 34.8% 35.4% 35.5% 37.9% 39.7% 38.1%

資料:日本自動車工業会(JAMA)
注:2014年度見通しは2014年3月20日発表の、JAMAの自動車国内需要見通しより。

 



ブランド別販売台数とシェア:ホンダがフィット、Nシリーズ好調でシェアを拡大

 2013年度に大きくシェアを伸ばしたのは、3代目フィット、Nシリーズ(N-BOX、N-WGN、N-ONE)が好調なホンダで、シェアを前年度の13.8%から14.9%へ拡大させた。販売台数で見ると84.8万台を販売し、前年度比18.4%増。2年前の2011年度から見ると約15万台販売を増やしている。日産、スズキ、ダイハツの3社とシェア13%前後で、2位争いを繰り広げていたが、一歩抜け出した。

 シェアトップのトヨタ・レクサスブランドは、プリウス・アクアの販売台数が前年度より約1割減少したが、カローラ、クラウンの販売増などで補い、前年度比2.3%増の164.7万台を販売。しかし、シェアは2.0%ポイント落とし28.9%となった。また輸入登録車がほとんどを占める「その他」のシェアが前年度比で0.6%ポイント増加し5.3%となり、販売台数は前年度比23.0%増の30.2万台となった。

メーカー別・ブランド別販売台数とシェア

(台)
2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
トヨタ・レクサス 1,641,801 1,563,275 1,330,653 1,534,178 1,406,050 1,411,565 1,609,989 1,647,043
ホンダ 691,583 640,105 580,205 662,323 608,504 600,648 716,836 848,419
スズキ 686,742 667,087 655,329 615,513 584,258 595,999 671,823 728,083
日産 739,984 721,191 612,523 630,136 600,253 655,426 647,035 719,105
ダイハツ 636,151 622,858 626,560 603,292 573,386 605,846 655,244 701,371
マツダ 260,564 255,717 218,418 220,752 205,728 205,520 216,241 243,459
富士重工 245,487 222,239 189,193 177,904 165,374 178,214 169,213 186,849
三菱自 246,433 218,629 168,072 170,692 163,480 151,335 134,032 143,234
いすゞ 86,318 68,054 51,197 38,139 43,535 49,171 58,228 68,382
日野 52,647 45,765 34,793 25,901 30,006 36,912 43,703 52,194
三菱ふそう 68,159 47,663 36,976 21,477 25,188 30,282 33,434 41,426
UDトラックス 18,253 13,645 10,491 7,113 8,331 8,992 8,775 10,441
その他 244,423 233,392 186,369 172,844 187,042 223,363 245,737 302,161
合計 5,618,545 5,319,620 4,700,779 4,880,264 4,601,135 4,753,273 5,210,290 5,692,167

(マーケットシェア)

2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
トヨタ・レクサス 29.2% 29.4% 28.3% 31.4% 30.6% 29.7% 30.9% 28.9%
ホンダ 12.3% 12.0% 12.3% 13.6% 13.2% 12.6% 13.8% 14.9%
スズキ 12.2% 12.5% 13.9% 12.6% 12.7% 12.5% 12.9% 12.8%
日産 13.2% 13.6% 13.0% 12.9% 13.0% 13.8% 12.4% 12.6%
ダイハツ 11.3% 11.7% 13.3% 12.4% 12.5% 12.7% 12.6% 12.3%
マツダ 4.6% 4.8% 4.6% 4.5% 4.5% 4.3% 4.2% 4.3%
富士重工 4.4% 4.2% 4.0% 3.6% 3.6% 3.7% 3.2% 3.3%
三菱自 4.4% 4.1% 3.6% 3.5% 3.6% 3.2% 2.6% 2.5%
いすゞ 1.5% 1.3% 1.1% 0.8% 0.9% 1.0% 1.1% 1.2%
日野 0.9% 0.9% 0.7% 0.5% 0.7% 0.8% 0.8% 0.9%
三菱ふそう 1.2% 0.9% 0.8% 0.4% 0.5% 0.6% 0.6% 0.7%
UDトラックス 0.3% 0.3% 0.2% 0.1% 0.2% 0.2% 0.2% 0.2%
その他 4.4% 4.4% 4.0% 3.5% 4.1% 4.7% 4.7% 5.3%
資料:日本自動車工業会、日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会
(注) 1. 海外生産車を含む。
2. 「その他」 欄のほとんどは、輸入ブランド車。

 



モデル別販売台数:アクア、プリウス、N-BOXの上位3モデルは変わらず

 2013年度のモデル別販売台数を見ると、トヨタ アクアが前年度比8.1%減の26.0万台、同 プリウスが10.3%減の25.2万台を販売し、それぞれ減少したものの、1,2位を保った。ホンダ N-BOXは4.4%減(22.6万台)となったが、こちらも3位を維持。4位にはフルモデルチェンジをしたホンダ フィットが入った(前年度比27.6%増の21.7万台)。

 ダイハツムーヴ(マイナーチェンジ)、ダイハツタント(フルモデルチェンジ)が、販売台数を伸ばして、5,6位に入った。

 また、日産の新しい軽自動車デイズが14.0万台販売し9位に入った。しかし、このデイズには、ハイトワゴンに分類される「デイズ」と、スーパーハイトワゴンに分類される「デイズ ルークス」の2モデルが集計されている。

 

日本のモデル別乗用車販売台数上位20モデル

(台)
順位 2011年度 2012年度 2013年度
モデル名 メーカー名 台数 モデル名 メーカー名 台数 モデル名 メーカー名 台数
1 プリウス トヨタ 310,484 アクア トヨタ 282,660 アクア トヨタ 259,686
2 フィット ホンダ 234,432 プリウス トヨタ 280,929 プリウス トヨタ 251,915
3 ワゴンR* スズキ 174,226 N-BOX* ホンダ 236,287 N-BOX* ホンダ 225,900
4 ミラ* ダイハツ 171,301 ワゴンR* スズキ 199,122 フィット ホンダ 217,100
5 ムーヴ* ダイハツ 144,398 ミラ* ダイハツ 190,490 ムーヴ* ダイハツ 193,670
6 タント* ダイハツ 139,322 フィット ホンダ 170,099 タント* ダイハツ 180,588
7 ヴィッツ トヨタ 125,663 タント* ダイハツ 162,782 ワゴンR* スズキ 180,029
8 セレナ 日産 93,755 ムーヴ* ダイハツ 160,397 ミラ* ダイハツ 164,027
9 アルト* スズキ 92,991 ノート 日産 115,530 デイズ* 日産 139,810
10 フリード ホンダ 90,414 アルト* スズキ 108,872 スペーシア* スズキ 138,469
11 カローラ トヨタ 74,093 セレナ 日産 95,869 ノート 日産 135,162
12 デミオ マツダ 66,118 ヴィッツ トヨタ 93,353 カローラ トヨタ 117,255
13 モコ* 日産 65,366 フリード ホンダ 86,065 アルト* スズキ 109,198
14 アクア トヨタ 64,953 カローラ トヨタ 80,598 セレナ 日産 95,716
15 ライフ* ホンダ 64,511 モコ* 日産 67,513 ヴィッツ トヨタ 86,814
16 パレット* スズキ 61,511 ステップワゴン ホンダ 66,289 N-ONE* ホンダ 82,791
17 ラクティス トヨタ 58,976 N-ONE* ホンダ 55,309 クラウン トヨタ 74,370
18 パッソ トヨタ 57,477 インプレッサ スバル 54,254 N-WGN* ホンダ 72,548
19 ノート 日産 56,555 デミオ マツダ 52,682 インプレッサ スバル 62,524
20 ヴォクシー トヨタ 56,125 パレット* スズキ 51,822 フリード ホンダ 60,849

資料:日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会
注:"*" 付きモデルは軽自動車を示す。

 

 



LMC Automotive 販売予測:日本の2014暦年のライトビークル販売は522万台の見通し

(LMC Automotive社、2014年第1四半期)

日本のグループ別 light vehicle 販売予測  「アベノミクス」に支えられて、2013暦年の日本のライトビークル販売は前年比0.3%の526万台となった(訳注:2012年はエコカー補助金があり販売が増えていた)。

 2014年4月の消費税率5%から8%への増税前の駆け込み需要は3月まで続き、1-3月のライトビークル販売台数は前年同期比22.1%増の181.5万台まで急増した。しかし、その反動減は避けられない。

 2014暦年の日本市場の見通しについて、LMC Automotive社は以下のように述べている。「我々は当初、駆け込み需要の反動が大きく、2014暦年の日本のライトビークル販売は500万台を下回ると予測していた。しかし、駆け込み需要は我々の想定より大きく、政府は反動減を抑える政策を計画している。従って、我々は35.5万台上方修正し、2014年暦の販売は522万台になると見込んでいる」。2015暦年には販売は落ち込み、前年比11.7%減の461万台になるとしている。

 中長期的には、急速な高齢化と、高い自動車普及率が自動車販売の制約となる。LMC Automotive 社は、2017暦年には2013暦年に比べて16.2%低い440万台まで市場が縮小すると予測している。「新車販売は、多くの自動車メーカーで落ち込むと予想している。しかし、ホンダは2013暦年から、日本で販売増が期待できるモデルのラインアップを拡充しており、同社の日本での販売台数は2017暦年に向けて若干増加する見通し。一方、トヨタグループの販売台数は減少していくものの、ハイブリッド車のリーディングメーカーとしての同社の地位は強固で、トヨタグループのマーケットシェアは2017暦年に向けて増加する」とLMCA社はコメントしている。

日本の暦年のブランド別 light vehicle 販売予測

(台)
2011暦年 2012暦年 2013暦年 2014暦年 2015暦年 2016暦年 2017暦年
Total
4,134,015 5,268,929 5,255,215 5,220,893 4,608,953 4,392,208 4,404,653
Toyota Group
1,742,942 2,348,342 2,169,691 2,139,093 1,978,941 1,937,405 1,854,526
Daihatsu
548,283 675,731 611,544 652,436 598,359 548,472 543,199
Hino
11,790 16,411 14,812 10,572 9,533 8,946 8,543
Lexus
42,383 43,116 60,933 58,222 58,988 72,951 75,550
Toyota
1,140,486 1,613,084 1,482,402 1,417,863 1,312,061 1,307,036 1,227,234
Honda Group
503,435 749,406 718,378 899,556 749,204 665,183 749,790
Honda
503,435 749,406 718,378 899,556 749,204 665,183 749,790
Renault-Nissan Group
589,951 661,959 737,154 702,518 606,237 568,247 549,334
Nissan
586,885 658,874 734,400 700,166 604,567 566,713 547,344
Renault
2,940 2,944 2,517 2,254 1,602 1,470 1,907
Samsung
126 141 237 98 68 64 83
Suzuki Group
555,894 673,316 706,980 620,117 520,886 484,305 524,057
Suzuki
555,894 673,316 706,980 620,117 520,886 484,305 524,057
Mazda Motors
189,924 218,363 256,927 244,178 243,400 231,201 213,767
Mazda
189,924 218,363 256,927 244,178 243,400 231,201 213,767
Fuji Heavy
158,755 177,379 179,469 191,844 163,790 165,951 169,866
Subaru
158,755 177,379 179,469 191,844 163,790 165,951 169,866
Mitsubishi Motors
147,566 140,723 151,342 125,466 105,241 111,679 112,655
Mitsubishi
147,566 140,723 151,342 125,466 105,241 111,679 112,655
Volkswagen Group
75,680 85,404 95,214 75,631 60,496 59,667 56,708
Audi
21,162 24,161 27,094 23,388 19,408 18,529 19,170
Bentley
125 219 168 79 62 58 55
Lamborghini
99 173 173 135 137 114 100
Porsche
3,661 4,661 4,103 4,089 3,284 3,223 3,629
Volkswagen
50,633 56,190 63,676 47,940 37,605 37,743 33,754
Daimler Group
50,482 62,086 73,312 61,310 48,218 48,360 47,216
Fuso
16,048 18,765 22,785 19,659 15,821 16,263 14,167
Mercedes-Benz
33,220 41,920 49,390 40,094 31,038 30,787 31,666
Smart
1,214 1,401 1,137 1,557 1,359 1,310 1,383
BMW Group
48,628 56,514 64,639 61,877 47,837 42,890 46,343
BMW
34,197 41,238 41,557 39,088 29,983 28,123 27,632
MINI
14,351 15,186 22,921 22,739 17,822 14,735 18,683
Rolls-Royce
80 90 161 50 32 32 28
Isuzu Motors
25,834 34,125 28,313 29,738 26,515 25,403 22,355
Isuzu
25,834 34,125 28,313 29,738 26,515 25,403 22,355
Fiat Chrysler Automobiles
14,238 17,917 18,896 16,387 14,324 13,184 15,886
Alfa Romeo
1,864 4,448 2,679 1,771 1,672 1,467 2,401
Chrysler
612 765 1,491 1,681 1,474 1,432 1,513
Dodge
1,919 1,083 2,927 2,677 1,874 1,717 1,998
Ferrari
388 516 527 484 398 395 443
Fiat
5,960 5,667 6,349 4,763 4,499 4,011 5,105
Jeep
3,150 4,979 4,264 4,481 3,953 3,736 3,935
Lancia
96 148 293 210 171 155 207
Maserati
249 311 366 320 283 271 284
Geely Group
11,997 14,123 18,846 20,312 15,976 12,169 13,709
Volvo
11,997 14,123 18,846 20,312 15,976 12,169 13,709
PSA Group
9,083 9,444 10,031 8,764 6,913 6,590 7,611
Citroen
3,096 3,795 3,481 2,737 1,965 1,756 2,031
Peugeot
5,987 5,649 6,550 6,027 4,948 4,834 5,580
Ford Group
3,469 3,951 5,879 6,806 5,608 5,371 5,841
Ford
3,469 3,951 5,879 6,806 5,608 5,371 5,841
General Motors Group
3,499 3,086 4,061 3,704 2,996 2,898 3,224
Cadillac
1,393 1,255 2,351 2,127 1,700 1,659 1,781
Chevrolet
1,671 1,488 1,398 1,308 1,085 1,046 1,225
GMC
117 107 93 72 67 56 59
Hummer
306 225 191 193 142 135 156
Pontiac
12 11 28 4 2 2 3
Tata Group
1,962 2,854 4,821 3,325 2,666 2,329 2,779
Jaguar
1,020 1,014 1,275 1,276 1,018 983 1,021
Land Rover
942 1,840 3,546 2,049 1,648 1,346 1,758
Hyundai Group
76 42 86 97 73 63 67
Hyundai
76 42 86 97 73 63 67
MG Rover Group
53 56 56 0 0 0 0
MG Rover
53 56 56 0 0 0 0
Other
547 9,839 11,120 10,170 9,632 9,313 8,919
Aston Martin
133 164 314 123 96 95 101
Lotus
271 260 523 140 100 98 111
Morgan
17 15 27 9 8 8 8
Others by Country
66 9,380 10,235 9,885 9,418 9,102 8,688
Saab
60 20 21 13 10 10 11
資料: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast (Q1 2014)
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>