LMC Automotive 2019年4月自動車市場月報(グローバル)

2019年4月販売は6.9%減の719.9万台、季節調整済み年率換算販売は8,871万台/年に低下

2019/05/20

グローバル販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

世界全体

  • 2019年4月の世界全体のライトビークル販売は前年同月比6.9%減となった。4月の季節調整済み年率換算販売台数は8,871万台/年となり、3月時点の9,190万台/年から減少した。
  • グローバル販売は4月も前年割れに沈み、低調さが鮮明になりつつある。中国市場の大幅な前年割れや北米市場の減速がより明確になったこと、また西欧市場も前年比でほとんど増加しなかったことなど、主要市場においてポジティブな結果はほとんど現れなかった。



解説

北米

  • 米国の販売は4月も縮小傾向を続けた。4月の販売は前年同月比2.2%減の133.0万台、4月の季節調整済み年率換算販売台数は、大きく上昇した3月時点の1,738万台/年から98万台/年減の1,640万台/年へ低下した。フリート販売は前年同月比1.1%減となったが、個人向け販売は前年同月比2.5%減とさらに減少した。4月の新車平均実売価格は今年に入って最高となる33,809ドル(前年同月比4.2%増)となった。
  • カナダの4月の販売は前年同月比3.6%減の18.4万台となった。これは今年に入り単月販売として最大規模となるが、4月の季節調整済み年率換算販売台数は3月時点から8.4万台/年減少し、189万台/年となった。新車平均実売価格は4月に1千加ドル低下した。4月のメキシコの販売は、イースターが今年は4月に祝われることになった関係で、前年同月比9.1%減のわずか9.7万台となった。メキシコの販売が10万台に達しなかったのは20154月以来初めてのことである。4月の季節調整済み年率換算販売台数も、3月時点から28万台/年低下し130万台/年となった。

欧州

  • 西欧の4月の販売は前年同月比で横ばいとなったが、過去数ヵ月と比べて改善していることを示した。4月の季節調整済み年率換算販売台数は1,628万台/年で、3月時点の1,603万台/年から増加しており、市場が直近の浮き沈みを経てある程度の安定水準に至ったことを示唆している。201914月累計販売は前年同期比2.0%減となった。ただ、前年はWLTP規制の影響で販売が低迷していたため、年内最後の4ヵ月間の販売は前年同期比で大幅に増加すると期待される。現時点での下振れリスクとしては、依然として先行きが不確実なブレグジットを巡る動向と、米中間・米EU間の貿易摩擦の過熱が挙げられる。
  • ロシアの4月の販売は前年同月比2.7%減の14.8万台と期待外れな結果であった。月次の販売に浮き沈みはあったが、2019年1~4月累計の販売は前年同期比1%減となった。政府によるインセンティブ施策の影響で、4月は国内の低価格車が好調だったのに対し、プレミアム車は概ね低調だった。4月は販売が低迷したが、LMC Automotiveでは2019年通年販売は前年比で大きく増加すると引き続き予測する。

中国

  • 速報値によると、中国の販売レベルは3月にやや回復したが、4月は再び下降した。ディーラー営業日数を考慮した4月の季節調整済み年率換算販売台数は2,360万台/年となり、3月時点から11%以上も低下した。これにより、201914月の季節調整済み年率換算販売の平均は2,406万台/年となった。4月の販売は前年同月比14.3%減、14月累計販売は前年同期比12.6%減となった。
  • 月次販売の再度の二桁減は、排ガス基準の国5から国6への大幅改定を見越したOEMがディーラー在庫を削減し始めたことが背景にある。20207月の全国での実施に先駆け、新排ガス規制への移行が既に実施されている地域もあれば、今年中に実施を予定している地域もある。さらに、中央政府が市場活性化のための施策を導入するとの期待もあり、消費者も企業も形勢をうかがっている。米中間の貿易摩擦が再び悪化の様相を示していることから、政府による景気刺激策の導入可能性が高まっている。

その他アジア

  • 過去2ヵ月の大幅な減速の後、日本の4月の季節調整済み年率換算販売は新車効果を支えに582万台/年へと上昇した(不調であった3月との比較では25%増)。また、4月の単月販売は前年同月比3.4%増となった。2019101日から予定される消費増税を前に、既に販売の前倒しが発生している可能性もある。経済見通しの不透明さと弱含む消費者心理が今後の懸念材料として挙げられる。
  • 韓国の4月の季節調整済み年率換算販売は170万台/年と堅調であったが、好調だった3月の水準からは6%近く減少した。4月の販売は前年同月比3.7%減、201914月累計販売は前年同期比3.1%減であった。米中貿易摩擦と経済減速の影響により、向こう数ヵ月間の販売は弱含みとなる可能性がある。

南米

  • ブラジルの販売は回復を続けており、4月の販売は前年同月比4.9%増の22.1万台となった。4月の季節調整済み年率換算販売台数は3月時点から12.3万台/年増の264万台/年となり、今年として最高となった。ただ、リオのカーニバルに影響された3月を除くと、20194月は20186月以降で前年同月比の伸び率が最も小さかった点は留意を要する。
  • アルゼンチンでは、深刻なマクロ経済状況のもとで販売が急激に弱含んでいる。4月の販売は前年同月比52.2%減の3.6万台となった。4月の季節調整済み年率換算販売台数はいくらか安定し、前月から0.3万台/年減の43.0万台/年となった。ただ、これは経済危機に入って以降でも最低の数値となる。

グローバルライトビークル販売

販売(台) 季節調整済み年率換算販売(台/年)
2019年
 4月
2018年
 4月
増減 2019年
累計
2018年
累計
増減 2019年
  4月(*1)
2019年
累計(*2)
2018年
通期(*3)
増減(*4)
WORLD
7,198,923
7,734,868
-6.9%
29,730,508
31,823,948
-6.6%
88,710,287
89,425,730
94,627,915
-5.5%
USA
1,329,621
1,359,166
-2.2%
5,314,794
5,467,024
-2.8%
16,403,638
16,679,536
17,301,160
-3.6%
CANADA
184,251
191,059
-3.6%
599,768
620,116
-3.3%
1,892,778
1,968,211
2,000,736
-1.6%
WESTERN EUROPE
1,382,255
1,382,572
0.0%
5,681,073
5,798,660
-2.0%
16,281,673
16,437,813
16,148,973
1.8%
EASTERN EUROPE
340,709
381,778
-10.8%
1,258,447
1,370,630
-8.2%
3,844,561
4,165,987
4,231,177
-1.5%
JAPAN
374,143
361,861
3.4%
1,882,360
1,881,713
0.0%
5,824,095
5,354,152
5,201,809
2.9%
KOREA
151,447
157,271
-3.7%
557,145
574,673
-3.1%
1,704,328
1,737,936
1,777,379
-2.2%
CHINA
1,935,214
2,258,297
-14.3%
8,175,462
9,349,619
-12.6%
23,603,193
24,056,239
27,744,712
-13.3%
BRAZIL / ARGENTINA
256,834
285,152
-9.9%
971,443
1,077,529
-9.8%
3,066,662
3,061,351
3,247,220
-5.7%
OTHER
1,244,449
1,357,712
-8.3%
5,290,016
5,683,984
-6.9%
16,089,359
15,964,504
16,974,749
-6.0%
注記: (*1) 当該月の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*2) 当年累計期間の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*3) 2018年通期(1~12月)の販売実績。
(*4) 2019年累計の季節調整済み年率換算販売の対前年実績比増減率。
販売報告の遅い国々や推測したものは“Other(その他)”に含まれる。
東欧はトルコを含む。
中国のデータは、ライトビークルの輸入推計を含む。

LMC Automotive社による、モデル別、パワートレインタイプ別(エンジン、トランスミッション)などのより詳細な予測データ(~2026年)もご提供 しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

また、LMC Automotive 社はお客様からのご要望に応じた個別のコンサルティングサービスも提供しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

マークラインズ株式会社営業部
TEL: 03-4241-3902
Email: LMC@marklines.com