2014年度サプライヤー売上高トップ30社ランキング

上位5社は、ボッシュ、デンソー、マグナ、コンチネンタル、現代モービス

2015/06/19

要約

 マークラインズ株式会社は2014年度サプライヤー売上高ランキング(各社の自動車事業売上高を米ドル換算で比較、一部推定値を含む)をとりまとめました。

 上位5社は、ボッシュ、デンソー、マグナ、コンチネンタル、現代モービスで、前年度と同じ順位となりました。北米、欧州、アジア市場で堅調に推移、各社とも売上高は前年度比で概ね5%以上の伸びとなっています。日系メーカーは急激な円安の影響で、米ドル換算では2014年度の売上高が前年度比マイナスとなりますが、為替レートの影響を除いた場合、デンソーが前年度比5.0%増、6位のアイシン精機が同5.4%増となります。

 各社とも今後の成長分野として電動化や先進運転支援システム(ADAS)への取り組みを強化しています。ボッシュは電動化、コネクティビティ、自動運転を開発トレンドに掲げ、2014年10月にはドイツに新たな研究開発・先端エンジニアリングセンターを開設しました。最近の展示会では、ボッシュやコンチネンタルが48VマイルドハイブリッドシステムやADAS対応のレーダーセンサー、カメラ、マグナやヴァレオが電動スーパーチャージャーを披露。日系サプライヤーは燃料電池車やハイブリッド車の搭載部品を拡充しているほか、デンソーがミリ波レーダーとカメラを組み合わせた予防安全システムなどを披露しています。

 メガサプライヤーの間では事業再編の動きが活発化しています。2015年5月にはZFによるTRW買収が完了、両社の2014年度売上高を単純合算すると第2位の売上規模に浮上します。このほか、デルファイがマーレにサーマル(空調)事業を売却、ビステオンはハンコックタイヤなどにクライメートコントロール事業を売却しました。また、ジョンソンコントロールズは2014年7月にエレクトロニクス事業をビステオンに売却し、2015年6月には自動車事業の分離を検討すると発表。ボッシュは2015年6月にスターターモーター・ジェネレーター部門の売却を検討すると発表しています。

 



2014年度サプライヤー売上高(自動車事業 売上高)ランキング

 

(単位:百万米ドル)

順位 サプライヤー名 自動車事業売上高 前年度比 要因
2014年度 2013年度 2014年度 2013年度
1 1 Robert Bosch 44,291 40,619 9.0% ・アジア太平洋が前年比17%増、北米事業は同8.6%増と堅調に推移
・ガソリン直噴システム、Euro 6および中国の国4基準対応インジェクターの需要増等
2 2 デンソー 38,039 39,705 ▲4.2% ・日本は前年比で2.0%減少したものの、北米、欧州、中国を始めとした豪亜地域は二桁増
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比5.0%増
3 3 Magna International 36,641 34,835 5.2% ・アジアで前年比17.9%増、北米も堅調に推移
・米国を本拠とするクロージャー製品メーカーTechform Group of Companiesを買収
4 4 Continental 33,485 31,868 5.1% ・主にNAFTAおよび中国で大幅な売上増を達成
・Mecaseat Group (ベルギーのシート表皮メーカー) の2拠点、Veyance Tehcnologies (米国のゴム・プラスチック製品メーカー) の買収、Emitecの子会社化等
5 5 Hyundai Mobis 33,393 30,393 9.9% ・米州、欧州、中国が堅調に推移
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比5.7%増
6 6 アイシン精機 26,048 27,087 ▲3.8% ・国内外における得意先自動車メーカーの生産台数増加、日本円ベースで増収
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比5.4%増
7 7 Faurecia 25,030 23,941 4.5% ・全事業で前年比プラス。特に外装事業の売上高は前年比8.6%増
・納入先別では、BMW向けが前年比12.8%減、Fiatを除くFCAグループ向けが同9.9%減少したものの、VW、Ford、PSA等の主要取引先向けは軒並み増収
8 8 Johnson Controls 23,756 22,051 7.7% ・自動車部門はシートおよび内装事業ともに伸び、前年比7.7%増
・バッテリー部門は販売増、買収効果等が寄与し、同4.3%増
9 9 ZF Friedrichshafen 21,542 19,676 9.5% ・北米および中国での乗用車向けATおよびアクスルシステムが高い伸びを見せ、過去最高の売上高を記録
・2015年5月、TRWを買収。2014年度の売上高を単純合算した場合、2位に浮上
10 12 Lear Corporation 17,727 16,234 9.2% ・シート事業は前年比10.8%増。2015年中に自動車用レザーメーカーのEagle Ottawaを買収し、事業を拡大する見通し
・電装品の売上高は同4.8%増
11 10 TRW Automotive 17,539 17,435 0.6% ・電子部品の売上高は二桁成長を見せたものの、北米ブレーキ部品/モジュール事業の売却の影響等で、全社では前年比0.6%の微増
・2015年5月、ZFによるTRW買収が完了
12 11 Delphi Automotive 17,023 16,463 3.4% ・北米およびアジア太平洋地域で伸び、前年比3.4%増
・米国内でメディアコネクティビティ製品メーカーのUnwired Technology、ガラス用コネクターメーカーのAntaya Technologiesを買収し、コネクティビティ事業を拡大
・2015年第3四半期にサーマルシステム事業をMahleに売却予定
13 13 Valeo 16,408 15,487 6.0% ・Osramとの合弁会社であったValeo Sylvaniaの完全子会社化が売上高増加に寄与
・地域別では、南米が前年比26.8%の大幅なマイナスとなった一方、中国 (同30.1%) および北米 (同27.0%) は大きく伸びた
14 14 住友電気工業 13,540 13,479 0.5% ・米国等海外におけるワイヤーハーネスの需要が堅調に推移し、自動車事業 (住友電装などを含む) の売上高は日本円ベースで前年比10.2%増
15 15 矢崎総業 13,243 13,402 ▲1.2% ・北米市場の回復による受注増、および円安効果で自動車事業の売上高は日本円ベースで13.9%増 (推定値)
16 16 ThyssenKrupp 12,893 12,522 3.0% ・西欧、中国、NAFTAにおける自動車市場の復調が増収に寄与
17 20 Schaeffler 11,942 10,841 10.1% ・製品および組織の現地化が奏功した中国で前年比34.4%と高い伸びを見せた。アジア・太平洋全体で同7.0%増、欧州は同6.9%増、米州は同8.0%と各地域で増収
・エンジンシステム事業 (同11.4%) およびトランスミッション事業 (15.2%) は二桁成長
18 21 HUAYU Automotive Systems 11,455 10,781 6.2% ・上海汽車グループ傘下の自動車部品部門統括会社
・Visteonとの折半合弁会社であったYanfeng Visteon Automotive Trim Systemsの株式50%を取得し、完全子会社化
・KSPGよりKS Aluminium-Technologie GmbHの株式50%を取得
・2015年、子会社のYanfeng Automotive Trim SystemsがJohnson Controlsと内装事業の合弁会社を設立予定
19 17 パナソニック
(オートモーティブ&インダスト リアルシステムズ社)
11,408 11,752 ▲2.9% ・全社売上高の45%を占める車載事業の需要が北米や欧州を中心に海外で堅調に推移
・直近ではTeslaのギガファクトリー内にリチウムイオン電池セルの生産子会社設立、スペインのFicosaと資本提携
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比6.4%増
20 18 トヨタ紡織 11,300 11,555 ▲2.2% ・米州が前年比34.2%増、欧州・アフリカは同17.9%増と二桁成長を達成
・2015年11月にアイシン精機およびシロキ工業から、シート骨格機構部品事業を譲り受ける予定
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比7.1%増
21 28 Mahle 11,079 7,946 39.4% ・旧Behrグループの通期連結、買収したLertikaグループの連結が寄与
・2015年中にDelphiのサーマル事業を買収予定。全社売上高の約30%を占める同事業を強化
22 19 ジェイテクト 10,912 11,177 ▲2.4% ・ステアリングの販売が大幅に増加したことを受け、前年比で7.0%の増収
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比7.0%増
23 22 豊田自動織機 9,573 10,050 ▲4.7% ・北米および中国で堅調に推移したカーエアコン用コンプレッサーは前年比18%増、電子機器・鋳造品ほか事業でも同22%増と二桁成長を見せた。自動車部門の売上高は日本円ベースで過去最高を記録
・2014年12月、ディーゼルエンジンの開発および生産をトヨタから同社に集約すると発表
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比4.4%増
24 24 Autoliv 9,241 8,803 5.0% ・アクティブセーフティ部門で全ての製品群の需要が増加し、前年比41.7%増と大きく伸長
・2014年12月期のシートベルトおよびエアバッグの世界市場シェアは約4割を誇る
25 23 カルソニックカンセイ 8,797 9,172 ▲4.1% ・日本では前年比9.1%の減収だったが、米州 (同21.8%増) や欧州 (同17.6%増) は二桁成長
*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比5.1%増
26 27 Magneti Marelli 8,641 7,952 8.7% ・北米、中国および欧州事業が堅調に推移し、前年比増収
27 26 Tenneco 8,420 7,964 5.7% ・欧州・中国・日本において排気関連製品、北米の商用車向け足回り製品の売上が好調
28 31 Gestamp Automocion 8,316 7,772 7.0% ・中国、北米、西欧で前年比増収
29 30 Weichai Power Co., Ltd. 7,937 7,800 1.8% ・自動車用ディーゼルエンジン市場では中国市場シェア第2位
30 29 Benteler International 7,797 7,839 ▲0.5% ・欧州、米国およびアジアで売上が伸長したものの、ブラジル市場が軟調に推移したこと、2014年中の拠点閉鎖および事業売却の影響を受けた

 



注記:自動車事業の売上高 算定ベース

サプライヤー名 決算期 自動車事業の売上高 算定べース
2014年度 2013年度
Robert Bosch 2014年
12月期
Mobility Solutions部門の売上高 Mobility Solutions部門の売上高
デンソー 2015年
3月期
自動車分野(パワートレイン、熱、情報安全、電子、モータ、空調冷熱) 自動車分野(パワートレイン、熱、情報安全、電子、モータ、空調冷熱)
Magna International 2014年
12月期
全社売上高 (受託組立、治具・エンジニアリング・その他含む) 全社売上高 (受託組立、治具・エンジニアリング・その他含む)
Continental 2014年
12月期
全社売上高の約73%が自動車メーカー向け 全社売上高の約72%が自動車メーカー向け
Hyundai Mobis 2014年
12月期
Finance部門を除く Finance部門を除く
アイシン精機 2015年
3月期
住生活&その他を除く 住生活&その他を除く
Faurecia 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
Johnson Controls 2014年
9月期
Automotive ExperienceおよびPower Solutions部門 (自動車向け26%)の売上高 Automotive ExperienceおよびPower Solutions部門 (自動車向け25%)の売上高
ZF Friedrichshafen 2014年
12月期
全社売上高の88% (乗用車および商用車向け) 全社売上高の88% (乗用車および商用車向け)
Lear Corporation 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
TRW Automotive 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
Delphi Automotive 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
Valeo 2014年
12月期
その他市場向けを除く 全社売上高
住友電気工業 2015年
3月期
自動車関連事業の売上高 自動車関連事業の売上高
矢崎総業 2014年
6月期
自動車部品関連を86%と推測 自動車部品関連を86%と推測
ThyssenKrupp 2014年
9月期
全社売上高の24% (自動車向け) 全社売上高の23% (自動車向け)
Schaeffler 2014年
12月期
Automotive Divisionの売上高 Automotive Divisionの売上高
HUAYU Automotive Systems 2014年
12月期
Sales by Product Line合計 Sales by Product Line合計
パナソニック
(オートモーティブ&インダスト リアルシステムズ社)
2015年
3月期
全社売上高の45% (車載分野) 全社売上高の43% (車載分野)
トヨタ紡織 2015年
3月期
全社売上高の95% (自動車向け) 全社売上高の95% (自動車向け)
Mahle 2014年
12月期
Industry business unit、Profit centers and servicesを除く Industry business unit、Profit centers and servicesを除く
ジェイテクト 2015年
3月期
機械器具部品部門の売上高 機械器具部品部門の売上高
豊田自動織機 2015年
3月期
自動車部門 自動車部門
Autoliv 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
カルソニックカンセイ 2015年
3月期
全社売上高 全社売上高
Magneti Marelli 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
Tenneco 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
Gestamp Automocion 2014年
12月期
全社売上高 全社売上高
Weichai Power Co., Ltd. 2014年
12月期
完成車および主要部品、その他自動車部品 完成車および主要部品、その他自動車部品
Benteler International 2014年
12月期
Automotive Division Automotive Division

 



為替レート

決算期 通貨 為替レート 期間 決算期 通貨 為替レート 期間 出典
2014年
12月期
USD/EUR 1.3294 2014年1月
-12月
2013年
12月期
USD/EUR 1.3279 2013年1月
-12月
日銀
2014年
9月期
USD/EUR 1.3572 2013年10月
-2014年9月
2013年
9月期
USD/EUR 1.3115 2012年10月
-2013年9月
日銀
2015年
3月期
JPY/USD 109.76 2014年4月
-2015年3月
2014年
3月期
JPY/USD 100.17 2013年4月
-2014年3月
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
2014年
6月期
JPY/USD 101.02 2013年7月
-2014年6月
2013年
6月期
JPY/USD 87.62 2012年7月
-2013年6月
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
2014年
12月期
KRW/USD 1,051.91 2014年1月
-12月
2013年
12月期
KRW/USD 1,093.78 2013年1月
-12月
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
2014年
12月期
CNY/USD 6.1428 2014年1月
-12月
2013年
12月期
CNY/USD 6.1928 2013年1月
-12月
中国国家外貨管理局

*上記為替レートは期中平均レート


                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>