米国の日系部品メーカー :需要拡大に備え、生産能力拡充へ

トヨタ紡織、NTN、FCC、小糸製作所、タチエス、トヨタ車体、日本電産などの動向

2011/08/10

要 約

  米国の自動車販売(乗用車、小型トラック)は、2010年には前年比10.0%増の1,155.9万台と経済危機の影響を受け低迷した2009年から回復を示した。2011年に入ってからも、東日本大震災の影響で販売減を余儀なくされたトヨタ・ホンダなど日系メーカーを除いて、販売は好調を維持しており、2011年1-7月の販売台数(同)は739.3万台と前年同期比9.2%増となっている。

 需要増を踏まえ、GM、Ford、トヨタ、VWなどの自動車メーカーは、米国で新工場稼働や投資の動きを活発化させおり、サプライヤーも対応を迫られている。

 以下は、活発化しつつある、米国(カナダを含む) における日系自動車部品メーカーの最近動向である (収録対象は、2011年 8月上旬までの約 1年4カ月間)。