広州汽車:2020年までに生産能力300万台、販売240万台を目標

自主ブランドの拡大、海外展開の加速

2016/08/16

要約

広州汽車グループの販売台数

 広州汽車集団股份有限公司(以下、広汽グループ)は、中国華南地区にある乗用車/二輪車を生産/販売する中国第6位(2015年)の地方政府系グループ企業である。1998年、本田技研工業との四輪事業で合弁を結び、工場の管理体制の見直しや当時の最新型米国仕様の「アコード」のヒット等により、販売台数を伸ばした。2004年には、トヨタ自動車と合弁を開始。2010年末には、自主ブランド「伝祺(Trumpchi)」を市場投入した。

 広汽グループの自動車販売台数(工場出荷台数)は、2013年は約95.6万台、2014年には100万台を突破し、2015年は約128.4万台と2013年から順調に販売を伸ばしている。また、2015年通年の中国市場におけるSUVモデルの割合は25.2%だが、広汽グループは33.2%と高くなっている。
 なお、広汽グループの2015年中国自動車市場におけるシェアは約5.2%であったが、2016年上半期(1-6月)の販売台数は前年同期比約32.1%増の約73.2万台と大幅に伸びシェアも5.7%と拡大した。
 今後2020年までに広汽グループ全体で販売台数を240万台、生産能力を300万台と目標を掲げている。そのために、自主ブランドならびに新エネルギー車の開発に注力するととともに、海外展開を加速し、他社との協業により自動車を軸にした多様な顧客サービスを展開する方針。



広汽グループにおける主なグループ企業の相関関係図(%は出資比率)

広汽グループにおける主なグループ企業の相関関係図(%は出資比率)