デトロイトモーターショー2016(3):日韓メーカーの展示取材

未来を示唆するコンセプト車、過去のフィードバックを踏まえたモデルの出展

2016/02/19

要 約

Acura's exhibit
Acuraの展示

Various Infiniti Q60 Trims Displayed
Infiniti Q60 の展示

  アジアのメーカーはデトロイトモーターショー2016で数多くのコンセプト車を発表し、各メーカーそれぞれの方向性を示唆した。日産のTitan Warriorコンセプトは、Titan XDのオフロード向けデザインの可能性を示し、IDSは自動運転システムを垣間見せた。ホンダAcuraのPrecisionコンセプトは、スタイリスティックなデザインの方向性を示し、KiaのTellurideは先進技術を前面に打ち出していた。


 デトロイトモーターショー2016には、過去に別の形で発表されたモデルも多数出展され、メーカーがフィードバックをどのように受け止めたかが窺えた。Infiniti Q60とLexus LC500は、いずれも過去のモーターショーで公開されたコンセプト車をベースとする量産モデルである。第2世代のホンダRidgelineは、2014年に初代モデルの生産が終了してから発表された。マイナーチェンジを施したInfiniti Q50とQX60、Kia ForteとForte5も出展された。


 本レポートは、デトロイトモーターショー2016を取材した3本のレポートの3本目で、日産、トヨタ、ホンダ、Hyundai-Kiaなどアジアのメーカーが出展したモデルを紹介する。米国メーカーと欧州メーカーの展示を取材した1本目と2本目のレポートは既に掲載済みである。


関連レポート:
デトロイトモーターショー2016

  米国メーカーの展示取材
  欧州メーカーの展示取材