欧州市場:2015年乗用車販売は9.2%の大幅増、2016年以降は緩やかな増加へ

VWは10月以降にシェアを落とす

2016/02/01

要 約

 欧州30カ国の乗用車市場は、2015年に大きく回復し前年比9.2%増の1,420万台。消費者心理の回復、低金利、政府の支援策などがその背景。2016年は、回復のペースが落ち、数パーセント程度の伸びに止まると見られている。LMC Automotiveは、2016年の西欧のライトビークル市場(小型商用車を含む)の増加率は3.8%になると予測しており、2017年以降の伸び率は年率2%程度に止まると見ている。

 2015年9月にディーゼルスキャンダルが発覚したVWの、2015年の欧州乗用車販売(30カ国)は前年比6.2%増加して352万台。VWの世界販売が減少する中、グループ全体の販売を支えた。しかし、欧州での市場シェアは10月以降の下落が目立ち、2015年通年で0.7%ポイント減の24.8%となった。