新型プリウスとマツダロータリー:東京モーターショー2015から

プリウスの進化、マツダのこだわり

2015/11/16

要 約

トヨタ新型プリウス マツダRX-VISION
(トヨタ新型プリウス) (マツダRX-VISION)


 本レポートは、2015年東京モーターショーの、新型トヨタプリウスの技術内容とマツダに伺える今後の技術動向について報告する。

 トヨタは、プレス発表で豊田章男社長がイチローと新型プリウスの前でwhat wows you?(あなたの心を動かすものは何ですか?)という言葉を紹介し、過去の歴史とこれからのトヨタについて、勇気をもって新しいチャレンジをすることが必要、また世界中にWOWを届けたいと語った。トヨタプリウスは米国ラスベガスでの最初の披露、フランクフルトショ-での発表に続き、3度目の披露となった。今回も実車の展示だけで技術内容の展示等はみられなかったが、トヨタグループが満を持し、発売を準備中との意気込みが感じられた。

 マツダはロータリーエンジンの復活と称し、コンセプトカーのRX-VISIONを紹介。ロータリーエンジン等の展示はなかった。コンセプトカーKOERU、ロードスター、デミオ等量産車とSKYACTIV G、Dの3種類のエンジン展示がみられた。


関連レポート
         
4代目プリウス搭載部品:東京モーターショー 2015から
東京モーターショー2015:トヨタと日産の出展取材
・Post2025年の乗用車用パワートレーンの主流は?(日本メーカー編)