人とくるまのテクノロジー展2014:部品メーカーの出展(1)EV/HV関連部品

48Vハイブリッドシステム、ガソリン車のブレーキをベースとする回生協調ブレーキなど

2014/06/06

要 約

 本レポートは、2014年5月21~23日に開催された「人とくるまのテクノロジー展2014(公益社団法人 自動車技術会主催)」での部品サプライヤーの出展のうち、Electric vehicle (EV)、Hybrid vehicle (HV)に関連する部品・技術について報告する。その他の燃費改善、軽量化等に関する部品・技術の出展については、別途報告する。

 ボッシュは、欧州で近く立ち上がるとされる48Vマイルドハイブリッドシステムを提案した。

 今後、市場拡大が期待される超小型モビリティについて、豊田自動織機がインバ-タとモータ、ニチコンは充電器一体型コンバータを展示。デンソー/トヨタは、新素材炭化珪素(SiC)による高効率パワー半導体の開発を発表し、三菱電機は「SiCインバータ内蔵EV用モータドライブシステム」を出展した。

 TDKは、開発中のワイヤレス給電技術を展示した。

 アドヴィックスは、ガソリン車のブレーキシステムをベースとし、部品を共有することでコストを抑えたHV用回生協調ブレーキシステムを出展した。


関連レポート:
東京モーターショー 2013:部品メーカーの出展(1)EV/HV関連部品(2013年12月掲載)
人とくるまのテクノロジー展2014:自動車メーカーの最新パワートレイン技術
(2014年5月掲載)