デトロイトモーターショー 2014 (3):日本・韓国メーカーの展示取材

レクサス・インフィニティ・アキュラなど高級車と最新技術を出展

2014/02/18

要 約

Toyota FT-1
Toyota FT-1

 2014年北米国際自動車ショー (デトロイトモーターショー 2014) は1月13日から26日まで開催された (一般公開は18~26日)。

 日本・韓国の自動車メーカーは、高性能車市場に強いインパクトを与えるべく、数多くのラグジュアリーモデルを出展した。LexusはRCを北米初公開し、RC Fを世界初披露した。日産は、Q50 Eau Rouge、日産スポーツセダンコンセプト、Sentra NISMOなど、高性能に焦点を当てた一連のコンセプト車を展示した。 このほか、AcuraのTLX Prototype、スバルのWRX STI、KiaのGT4 Stingerが初公開された。

 また、日本・韓国メーカーの多くは、新モデルの基盤となる様々な最新技術も披露した。トヨタとホンダは燃料電池車のコンセプトを出展。日産は、従来とは異なるデザイン手法で開発したIDxコンセプトを展示した。Hyundai GenesisやKia K900は、先進的な運転支援技術や安全技術を紹介した。

 本レポートはデトロイトモーターショー2014の展示取材レポート全3本の最後のレポートで、日本および韓国メーカーの展示を取り上げる。トヨタ、日産、ホンダ、Hyundai/Kiaの展示概要を紹介するほか、スバルとマツダの展示についても触れる。なお、1本目のレポートは米国メーカー、2本目のレポートは欧州メーカーの展示を紹介した。


関連レポート:
デトロイトモーターショー 2014 (1):米国メーカーの展示取材
デトロイトモーターショー 2014 (2):欧州メーカーの展示取材