Daimlerの商用車事業:2015年までに94万台販売を目指す

新興国市場の強化、車両部品の共有化と生産体制の整備

2013/02/28

要 約

ダイムラーの商用車販売台数 Daimler AGの商用車事業はDaimler Trucks, Mercedes-Benz Vans, Daimler Busesの3部門で構成される。

 2012年はDaimler Trucksの販売が2011年比8.5%増の46万1,954台となったが、Mercedes-Benz Vansは4.5%減の25万2,418台、Daimler Busesは19.3%減の3万2,088台となった。


 Daimler Trucks部門は減少した西欧の販売を北米・アジア市場が補うかたちとなっており、西欧市場が前年6.1万台から5.8万台へ5.5%減少したが、北米市場は前年11.4万台から13.5万台の18.4%増、アジア市場は前年13.5万台から16.4万台の21.3%増加となった。一方、2011年に好調だった中南米市場は、6.2万台から4.6万台と25.4%減少。

 Mercedes-Benz Vans部門は、西欧市場では7.5%減の16.5万台、アジア市場で2011年の1.8万台から2012年は25.6%減の1.3万台へと販売台数が落ち込んだ。

 Daimler Busesでは南米市場でのバス需要低下が原因で、同市場の販売は2011年の2.5万台から1.8万台へ減少した。


 Daimlerの商用車部門は、2015年にDaimler Trucksで50万台、Mercedes-Benz Vansで40万台、Daimler Busesで4万台を販売台数の目標とする。


 また、車両構成部品の共有化、拠点間の生産ネットワークの整備による生産コスト削減、モデル拡充、既存市場の強化や新規市場への展開を狙う。

 
関連レポート:
Mercedes-Benz Cars: 2015年までに世界販売160万台を目指す(2013年1月掲載)
北米の中型/大型商用車市場と商用車メーカーの動向(2013年1月掲載)