第2回クルマの軽量化技術展取材報告(2):樹脂化関連

特定部位の樹脂化と樹脂成形技術の出展

2012/02/20

要 約

 以下は、2012年1月18~20日に開催された「第2回クルマの軽量化技術展」における、樹脂化による軽量化と、各種樹脂成形技術に関する出展の概要である。

 豊田合成は、樹脂を多用したEVコンセプトカーを出展した。樹脂採用の可能性拡大を検討したいとのこと。ビクトレックスジャパンは、エンジン、トランスミッション、ブレーキなどに採用されているスーパーエンプラVictrexを出展した。

 特定部位の樹脂製部品として、フロントエンドモジュール、アンダーボディーシールド、フューエルフィラーパイプ、発泡HVACダクト(空調ダクト)などが出展された。

 樹脂成形技術としては、中空体を成形するダイ・スライド・インジェクション、曲管を成形する特殊ガスインジェクション(RFM)などが出展された。また、金属に表面処理を施すことにより、金属と樹脂を接合する技術が紹介された。

 東レと尾池工業が、金属調意匠を付与するフィルムを出展した。

 また、NTTデータエンジニアリングシステムズは、複雑な形状の製作ができる積層造形法を紹介。コイワイは、同上の装置を利用したフロントサスペンションなどを出展した。

>>>>> 関連レポート
2012年クルマの軽量化技術展取材報告 (1)軽量素材関連 (2012年2月)
2011年クルマの軽量化技術展取材報告 (1)軽量素材関連(2)樹脂化関連
2012年 EV・HEV駆動システム技術展取材報告