LMC Automotive 2019年9月自動車市場月報(欧州)

2019年9月の西欧販売は13.9%増の120万台、季節調整済み年率換算販売は1,314万台/年に低下

2019/10/08

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の9月の乗用車販売台数は前年同月比13.9%増となった。前年の9月は新排ガス規制WLTPの施行に伴って市場が大幅に落ち込んでいたことから、今年9月の販売が前年比で大幅に増加することは必然的であった。今年91日よりWLTPに新たな試験の追加などの変更が施されたことから、販売が8月に前倒しになり、9月販売はマイナスの影響を受けた。今年9月の季節調整済み年率換算販売は1,314万台/年となり、8月の1,690万台/年から低下した。
  • ドイツ、英国
    ドイツの9月の販売は、前年の販売が極めて低い水準にあったことを背景に前年同月比22.2%増を記録したが、9月の季節調整済み年率換算販売は299万台/年にとどまった。英国の9月販売は前年同月比1.3%増と期待はずれの結果に終わり、9月の季節調整済み年率換算販売も204万台/年に低下した。
  • フランス、イタリア、スペイン
    フランスの9月の販売は前年同月比16.6%増となった。9月の季節調整済み年率換算販売は低下したが、それでも218万台/年と悪くない結果であった。イタリアの9月の販売は前年同月比13.4%増であったが、季節調整済み年率換算販売は181万台/年まで低下した。スペインの9月の販売は18.3%増となり、季節調整済み年率換算販売は131万台/年となった。
  • 今後の展望
    LMC Automotiveでは、西欧の季節調整済み年率換算販売は9月に急減したものの、10月以降に改善に転じると予測する。2018年はいくつかの車種がWLTPの下で認可取得が間に合わず、販売に悪影響があったが、今年はこの不安要因は見られない。しかしながら、通年販売を前年比で増加させるまでには残り3ヵ月と時間が足りず、LMC Automotiveは西欧の2019年通年販売は前年並みに着地すると予測する。