LMC Automotive 2018年12月自動車市場月報(欧州)

2018年12月の西欧販売は8.5%減の94.2万台、2018年通年販売は0.7%減の1,419万台

2019/01/10

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

  • 西欧の12月の乗用車販売台数は前年同月比8.5%減となった。12月の季節調整済み年率換算販売は11月時点の1,335万台/年から減少して1,284万台/年となった。2018年通年の販売は前年比0.7%減の1,419万台となり、2013年以降で初の前年割れとなった。
  • フランス、ドイツ、イタリア
    フランスの12月の販売は前年同月比14.5%減となったが、2018年通年の販売は前年比3.0%増となり、2011年以降で最高となった。ドイツの12月の販売は前年同月比6.7%減、2018年通年販売は前年比0.2%減となった。イタリアの12月の販売は2.0%増となったが、2018年通年販売は前年比3.1%減となった。
  • スペイン、英国

    スペインの12月の販売は前年同月比3.5%減であったが、2018年通年販売は前年比7.0%増となり、西欧の主要市場の中で最も高い伸び率を記録した。英国の12月の販売は前年同月比5.5%減、2018年通年販売は前年比6.8%減となり、西欧主要5ヵ国の中で最悪の減少率となった。

  • 今後の展望
    LMC Automotiveは、西欧市場が勢いを欠いたまま新年を迎えたことを受け、2019年の通年販売は前年比0.8%増にとどまると予測する。この予測は英国の「合意なき」EU離脱が避けられるとの前提に基づいており、仮にこれが避けられなかった場合、2019年の販売は再び前年割れする可能性がある。フランスとスペインが2019年の市場を主に牽引すると想定される一方、イタリアは再び前年割れに沈むと予測される。