LMC Automotive 2018年6月自動車市場月報(欧州)

2018年6月の西欧販売は4.6%増の147.9万台、2018年通年販売の伸び率は1.5%増に下方修正

2018/07/09

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

  • 西欧の6月の乗用車販売台数は、前年同月比4.6%増の147.9万台となった。ただ、季節調整済み年率換算販売台数は5月の1,480万台/年から1,455万台/年に低下した。
  • フランス、スペイン
    フランスの6月販売は9.2%増と高い伸び率を示し、単月の販売として2011年3月以降で最高となった。またスペインも増勢を維持し、6月販売は8.0%増となった。
  • ドイツ、イタリア、英国
    ドイツの6月販売は前年同月比4.2%増となり、1~6月累計では前年同期比2.9%増となった。一方で、イタリアの6月販売は7.3%減となり、前年の販売台数が大きかったことを勘案しても高い減少率となった。また、英国の6月販売も3.5%減となり、季節調整済み年率換算販売は5月と同水準の239万台/年となった。

  • 今後の展望
    LMC Automotiveは、イタリア市場の失速を受け、西欧の2018年通年販売の対前年比伸び率の予測を1.5%増に下方修正した。また、9月に予定されているより厳格なWLTPモードへの移行により、一部車種が販売出来なくなることや、税金の引き上げが実施される可能性があり、これらも今後の市場への不安要素となる。ただ、LMC Automotiveでは、制度変更の影響を受けて消費者の新車購入のタイミングが変化する可能性はあるが、通年での販売台数には大きな影響は出ないと見ている。