CATARC提携レポート 中国新エネルギー車 (NEV)動向 2018年8月

2018年7月の新エネルギー車生産は8万台に迫る

2018/09/13

中国国内生産 (概要)



このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。
過去のCATARC提携レポートはこちらをご参照ください

 2018年7月の新エネルギー車 (EV、PHV、FCVが対象で、鉛酸電池搭載車は含まない)生産台数は前月比27.82%増と、若干増加した。車種別の比率はEVとPHVが72%と28%、乗用車、バス、特殊車両が88%、4%、8%となった。

 2018年7月の新エネルギー車生産は6月の生産調整を経て、拡大基調にある。特に乗用車生産の拡大が顕著で、2018年上半期の生産が多かった上海汽車 栄威 (Roewe)のSUVに加え、北汽 EX360、比亜迪(BYD) 元、帝豪 (Emgrand ) GSE、奇瑞瑞虎 (Tiggo) 3xe480などの新モデルが乗用車生産の拡大を後押ししている。