CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2016年7月

2016年上半期の新エネルギー車生産は15万台を突破 EV乗用車の航続距離は27%拡大

2016/08/03

中国国内生産 (概要)



このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。
過去のCATARC提携レポートはこちらをご参照ください

 2016年6月の新エネルギー車(EV、PHV、FCVが対象で、鉛酸電池搭載車は含まない)生産台数は前年同月比78.5%増、前月比48%増の44,549台となり、2016年に入って初めて4万台を上回った。6月の新エネルギー車生産を車種別に見ると、PHVバスの生産が前年同月比で48.9%減少したが、その他の車種は前年同月比、前月比ともに増加した。中でもEV特殊車両の増加率が最も高かった。新エネルギー車におけるEV乗用車比率は前月に続き50%を超えた。EV特殊車両は2,000台超生産され、新エネルギー車における比率は前月の1%未満から5%に拡大した。2016年1~6月では前年同期比で約2倍となり、15万台を突破した。

図1 新エネルギー車の生産台数 (2016年1月~2016年6月)