CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2015年11月

2015年10月生産は年末商戦の前倒しにより過去最高を更新

2015/12/01

中国国内生産 (概要)

このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。

 2015年10月の中国における電動車生産台数は前月比で51.1%増、前年同月比で約5倍となる52,838台(鉛酸電池搭載のEV乗用車498台、同EV特殊車両13台を含む)となった。そのうち、鉛酸電池を搭載していない電動車は51,295台と、月次生産で初めて5万台を超えた。2015年10月の生産が拡大した要因は年末商戦が前倒しで始まったためである。そのため、2016年初頭は生産が落ち込むと予想されている。

 車種別では新エネルギーバス(EVおよびPHVバス)と特殊車両の比率は、2015年上半期が20~30%だったのに対し、ここ数ヶ月は40%前後で推移している。政府による新エネルギー車普及政策の目標達成が迫っているため、新エネルギー商用車の生産が拡大している。

図1 電動車の生産台数 (2015年5月~10月)