2014年度サプライヤー売上高トップ30社ランキング

上位5社は、ボッシュ、デンソー、マグナ、コンチネンタル、現代モービス

2015/06/19

要約

 マークラインズ株式会社は2014年度サプライヤー売上高ランキング(各社の自動車事業売上高を米ドル換算で比較、一部推定値を含む)をとりまとめました。

 上位5社は、ボッシュ、デンソー、マグナ、コンチネンタル、現代モービスで、前年度と同じ順位となりました。北米、欧州、アジア市場で堅調に推移、各社とも売上高は前年度比で概ね5%以上の伸びとなっています。日系メーカーは急激な円安の影響で、米ドル換算では2014年度の売上高が前年度比マイナスとなりますが、為替レートの影響を除いた場合、デンソーが前年度比5.0%増、6位のアイシン精機が同5.4%増となります。

 各社とも今後の成長分野として電動化や先進運転支援システム(ADAS)への取り組みを強化しています。ボッシュは電動化、コネクティビティ、自動運転を開発トレンドに掲げ、2014年10月にはドイツに新たな研究開発・先端エンジニアリングセンターを開設しました。最近の展示会では、ボッシュやコンチネンタルが48VマイルドハイブリッドシステムやADAS対応のレーダーセンサー、カメラ、マグナやヴァレオが電動スーパーチャージャーを披露。日系サプライヤーは燃料電池車やハイブリッド車の搭載部品を拡充しているほか、デンソーがミリ波レーダーとカメラを組み合わせた予防安全システムなどを披露しています。

 メガサプライヤーの間では事業再編の動きが活発化しています。2015年5月にはZFによるTRW買収が完了、両社の2014年度売上高を単純合算すると第2位の売上規模に浮上します。このほか、デルファイがマーレにサーマル(空調)事業を売却、ビステオンはハンコックタイヤなどにクライメートコントロール事業を売却しました。また、ジョンソンコントロールズは2014年7月にエレクトロニクス事業をビステオンに売却し、2015年6月には自動車事業の分離を検討すると発表。ボッシュは2015年6月にスターターモーター・ジェネレーター部門の売却を検討すると発表しています。