トヨタグループのHV/EV計画:2012年上期トヨタ国内販売の4割がHV

HVシステムをさらに小型・軽量化、高効率化、低コスト化し、拡販を目指す

2012/08/30

要 約

 本レポートは、トヨタグループ各社(トヨタからHV技術の供与を受けるマツダを含めた)のHV(Hybrid electric vehicle)、PHV(Plug-in hybrid electric vehicle)、EV(Electric vehicle)導入計画概要を報告する。

 トヨタのHV販売は、2011年5月に発売したPrius α、12月末に発売したAqua(アクア)が貢献し、急増している。2012年に入りトヨタの世界販売のうち約15%がHVとなった。また2012年上期実績では、トヨタ国内販売の4割がHVとなった(2011年実績は26.6%)。

 AquaのHVシステムは、3代目Priusに比べ42kg軽量化するなど、3代目PriusのHVシステムをフルモデルチェンジしたほどの進化を遂げたとしている。今後もHVシステムの小型・軽量化、高効率、低コスト化を追求し、さらなるHV販売の拡大を目指す。

 また、2014年にも投入される次期型Priusは、2012年Detroit motor showに出展したコンセプトNS4の、低重心でエモーショナルなデザインを採用するとされる。

 高効率を追求したモデルとして、2012年3月のGeneva motor showに、空車重量786kg、2気筒1.0LエンジンとHVシステムを搭載し、燃費2.1L/100km(47.6km/L)を実現したBセグメントのコンセプトFT-Bhを出展した。HVがさらに普及すると考えられる2010年代後半を想定したコンセプトで、商品化する可能性が高いとされている。

 PHVについては、2012年1月にPrius PHVを発売した。トヨタはPHVをHVに次ぐ環境対応の基幹技術として普及させる計画。HVと同様に搭載車種を拡大する。

 EVについては、2012年にTesla Motorsと共同開発したRAV4 EVを米国California州で発売。日米欧市場でiQベースEVのリース販売を開始する。

 また海外での販売増加に伴い、HV/EVの海外での生産を拡充する。既に海外8カ国でHV/EVを生産しているが、2015年をめどに、米国と中国で基幹部品を含めた現地一貫生産を計画している。

 なお、富士重工は2013年にXVとImpreza G4のHVを投入する見込み。ダイハツはトヨタCamry HVのOEM供給を受けAltisの車名で発売した。マツダは、2012年10月にDemio EVを発売、2013年にトヨタから技術供与を受けるHVを発売する。


関連レポートトヨタの海外事業:北米と新興国の生産能力を増強(2012年5月)



2012年上期、トヨタ世界販売の15%、国内販売の40%がHV

 トヨタは現在、世界で18車種のHV乗用車を約80の国・地域で販売している。2012年に入りトヨタの世界販売のうち約15%がHVとなり、国内販売では4割がHVとなった。

 1~6月のHV乗用車国内販売台数累計は36.7万台で、2011通年の販売台数31.6万台を超えた。世界販売合計でも、1~6月の販売台数が2011年実績を超えている。

 トヨタは、2011年2月末でHV世界販売300万台を達成し、1年と2カ月の間に100万台を上乗せし、2012年4月末に400万台を達成した。2012年のトヨタのHV世界販売は100万台を超える見込み。

トヨタの国内HV販売台数

(台)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
1~6月
国内総販売台数 1,682,272 1,580,232 1,455,355 1,365,660 1,556,205 1,185,858 908,353
HV販売台数 72,371 81,055 103,266 250,680 391,993 315,782 366,690
(内)Prius 48,568 58,315 73,110 208,876 315,669 252,528 181,630
HV比率 4.3% 5.1% 7.1% 18.4% 25.2% 26.6% 40.4%
(注) 1. 国内総販売台数は、2011年に6,308台、2012年上期は21,580台の軽自動車を含む。
2. 2012年1~6月には、Prius 181,630台とAqua 128,243台の2車種合計が309,873台で、HV販売の84.5%を占めた。

トヨタの世界HV販売台数

(台)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
1~6月
HV海外販売台数 240,000 347,400 325,300 278,900 297,900 312,600 263,360
HV世界販売台数 312,500 429,400 429,700 530,100 690,100 628,900 630,050

 

 



トヨタ:HV/PHV/EV投入実績と計画


NS4
トヨタが2012年1月Detroit motor showに出展した次世代PHVコンセプトカー「NS4」。
次期型Priusのデザインの方向性を示すとされる。

トヨタ:HV/PHV/EV投入実績と計画

(海外でのみ生産する、または生産が見込まれる車種は、次表「HV/EVの海外生産」に記載)
~2011年 2012年 2013年 2014年 2015年~
HV
(2010年以前
発売車)
Harrier 2005
Estima 2006
Lexus GS450h 2006 新型発売
Lexus LS600h /LS600hL 2007
Crown 2008
Highlander (海外向け) 2005 米国へ移管
Lexus RX450h 2009
3代目 Prius 2009 4代目発売
Lexus HS250h 2009
SAI 2009
HV
(2011年以降
発売車)
Lexus CT200h 発売
Prius α 発売
Camry 発売
Alphard/Vellfire(下表1) 発売
Aqua(2) 発売
Lexus ES300h(3) 発売
Voxy/Noah 発売
FT-Bhコンセプト(4) 2010年代
後半を想定
PHV Prius ベース (5) 日米欧で
市販
コンセプトカーNS4(6) 2015年頃
を想定
EV iQベースEV(7) 日米欧で
発売
COMS(コムス)(8) 発売

(注) 1. "~2011年" 欄の表示は、当該最新モデルの発売年、2011年発売車は"発売"と記載 。

(1)
Alphard
 トヨタは、2011年11月に、高級ミニバンAlphard/Vellfireの一部改良に合わせて、ハイブリッド車を再設定した。Alphard HVは2003年に発売したが、2008年に設定を中止していた。
(2)
Aqua
 トヨタは、コンパクトクラスのHV Aqua(アクア)を2011年12月末に発売した。1.5Lガソリンエンジンとハイブリッドシステムを搭載し、世界トップの10・15モード燃費40km/L、JC08モード走行燃費35.4km/Lを実現するとともに、エントリー価格は税込み169万円(プリウスの217万円より48万円低い)とした。国内月販目標は12,000台だが、1~6月で128,243台販売した。
 HVシステムを小型車用に新設計し、ニッケル水素電池の搭載量をPriusの2/3に減らしながら、動力制御の新技術によりPriusを大幅に超える燃費を実現した。3代目Prius比でHVシステムを42kg軽量化し、2モーターシステムでありながら1モーターシステムと同等の重量を実現した。HVシステムの生産コストは、HV導入当初の100万円超からAquaでは30万円程度に下がったとされる。
 今後10年をかけて多くの車種に搭載していく計画。欧州では2012年半ばにYarisに搭載し、米国では、Prius cの車名で2012年春に発売した(cはcity-centricの意)。
(3)
ES300h
 Lexus ES300hは、前輪駆動車ESシリーズで初のHV設定。7月から九州工場で月間数千台生産し、主に北米市場に輸出する(ESは国内では販売していない)。トヨタCamryと同じサイズのHVシステムを搭載する。
(4)
FT-Bh
 2012年Geneva motor showに出展した、HVがさらに普及すると考えられる2010年代後半を想定したコンセプトカー。FT-Bhは、Future Toyota B-segment hybridの略。全長3,985mm、4人乗り5ドアハッチバック。市販化する可能性が高いとされている。
 高張力鋼板を多用し(カーボンファイバーなどの高価な材料は使用しない)、空車重量は786kg。2気筒 1.0Lエンジン、リチウムイオン電池とHVモーターを搭載し、NEDC燃費は2.1L/100km(47.62km/L)、CO2排出量49g/km。
 FT-Bhは、HVの他に天然ガス(CNG)仕様とPHV仕様も想定し、CO2排出量は各々38g/km、19g/km。
(5)
Prius
PHV
 トヨタは、2012年1月末、Prius PHVを日本国内で発売した。堤工場で年間6万台生産し、日本国内で35,000~40,000台販売する計画。国内での価格は320~420万円で、国の補助金を使うと最低価格275万円で購入できる。2012年前半は販売現場が補助金商戦で繁忙だったことや、商品説明に時間がかかることもあり、7月末までの販売累計台数は8千台弱にとどまったが、秋以降販売体制を再構築して取り組む。
 Priusをベースに、総電力量4.4kWhのリチウムイオン電池(旧三洋電機製)を搭載し、EV走行距離は26.4km(JC08モード)、EV走行最高速度は100km/h、EV走行とHV走行を総合したPHV燃費は61.0km/L。フル充電には、200Vで約90分、100Vで約3時間かかる(急速充電機能はない)。
(6)
コンセプト
NS4
 トヨタが2012年Detroit motor showに出展したコンセプトカー。2015年頃をめどに市場投入を想定する中型セダンタイプのPHV(全長は4,650mmでPriusの4,480mmより170mm長い)。Prius Familyとは別系列の車種として投入を計画。低重心の流麗なプロポーションと空力特性を重視したデザインで、次期型Priusのデザインの方向性を示すとされる。
 ポップアップフードなど最先端の安全性装備も搭載する。また、インパネ中央部に配置した2画面ディスプレイなどにより「ヒトとクルマと社会がつながる機能」も強化した。
(7)
iQ EV
 トヨタは高岡工場でiQベースEVを生産し、2012年秋にリース販売を開始する。 リチウムイオン電池の搭載量を、他社が先行販売するEVより減らし、航続距離を50マイル(80km)程度として車両価格を抑える方針。リチウムイオン電池は(旧)三洋電機から調達する。
 当面は、一定範囲の地域内で業務用に使用し、また充電設備を備えることのできる法人ユーザー中心に販売する見込み。また都心部でのカーシェアリングに向くとしている。EV使用のデータを収集し、量販EVに反映させる方針。
(8)
COMS
(コムス)
 トヨタ車体は、7月に1人乗りEV「COMS(コムス)」を発売した。EV用鉛蓄電池を搭載し、1回の充電による走行距離は50km。法規上は、第1種原動機付自転車(四輪) = 「ミニカー」の扱いで、普通免許で公道を走行できる。全国のトヨタ系販売店140社で販売する。メーカー小売希望価格は66.8万円からで、台当たり最大7万円の補助金が受けられる。
 2012年6月に、国土交通省は「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な足となる1人~2人乗り程度の車両」を超小型モビリティとする新たな車両区分のガイドラインを作成した。適用する運転免許や税制を含め検討中。第1種原動機付自転車(四輪)の規格では2人乗り車は製作できず、現在2人乗りEVは日本の公道を走行できない。
 超小型モビリティの車両区分が決定すると、高齢者用などの新たなジャンルの需要が生まれると期待されており、日産、ホンダ、スズキ、ダイハツなどがこのクラスに向けたEVの開発を進めている。

 

 



トヨタ:HV/EVの海外生産を拡充、米国・中国で一貫生産を計画

 トヨタは、既に海外8カ国でHVまたはEVを生産している。トヨタは、HVを燃費向上の「切り札」として拡販する方針。今後海外市場でのHV販売増加に伴い、現地ニーズに素早く対応し、また円高の影響を最小化するため海外生産を拡大するとしている。

 北米でのHVの販売台数を、2015年までに40万台に倍増する計画で、2014年にも予定される次期型(4代目)Priusは、2015年をめどに、電池、モーターなどの主要部品も含め米国で生産していく計画。

 中国でも、2015年をめどに、中国で開発・生産した基幹部品を搭載する中国専用HVを生産する。

トヨタ:HV/PHV/EVの海外生産

~2011年 2012年 2013年 2014年 2015年~
HV Camry 2006米国
2009タイ
2009オーストラリア
2010中国 台湾
フルサイズPickup(下表1) プロトタイプ
が完成
Highlander (海外専用車)(2) 米国
Lexus RX450h(3) カナダ
Prius(4) 2010タイ 米国(4)
2011中国
Auris(海外専用車) 2010英国のみで生産
Yaris(5) フランス
のみで生産
中国専用HV(6) 中国
PHV 中国市場向けPHV 発売
EV RAV4 EV(7) カナダ
中国市場向けEV(8) 発売

(注) "~2011年" 欄の表示は、当該モデルの生産を開始した年と国名。

(1)
Pickup
 2012年にも、トヨタがFordと共同開発しているフルサイズPickup用HVシステムの試作車が完成するとされる。トヨタは北米で販売するTundraに、FordもフルサイズPickupに採用する。
(2)
Highlander
 トヨタは、2013年後半に米国Indiana工場の生産能力を約28万台から約33万台(定時)に引き上げ、Highlanderを増産し、増産分をロシア等に輸出するとともに、新たにHighlander HVの生産を開始する。
(3)
RX450h
 トヨタ・カナダは、RX350を生産するCambridge工場に100百万ドルを投資し、RXの生産能力を3万台増強して10.4万台とする。新設備は2014年初めから稼働し、新たに1.5万台のRX450hも生産する。
(4)
Prius
 トヨタと第一汽車の合弁会社である一汽トヨタは、長春工場で3代目プリウスの生産を開始し、2012年2月に発売した。年間3,000台の販売を目指す。当初は日本から主要部品を送り組み立てるが、段階的に現地生産部品を採用する。
 トヨタは、2014年頃発売と見られる次期型Priusについては、販売台数の増加が見込まれ、また円高の影響を最小化するため、米国で基幹部品生産を含めた現地化を進める。完成車工場は、PriusがCorollaと多くの部品を共有することから、Mississippi工場を活用する見込み。
(5)
Yaris
 Yaris HVは、Aquaと同じHVシステムを搭載し、2012年4月にフランス工場で生産を開始した。欧州で初のBセグメント・フルハイブリッド車。ニーズを確認しながら、欧州以外の地域にも拡大する。
(6)
中国専用HV
 2012年の北京モーターショーで、中国専用ハイブリッドの「雲動双擎(Yundong Shuangqing)」を世界初披露した。常熟市の「トヨタ自動車研究開発センター(中国)、TMEC」が開発を進めているハイブリッド用部品(駆動用電池を含む)を搭載し、2015年にも発売する。
(7)
RAV4 EV
 トヨタは、米国Tesla Motorsと共同開発したRAV4 EVを、2012年夏以降に米国California州で発売する。Tesla製の18650サイズの電池パック(容量41.8kWh)を搭載し、航続距離100マイル(約160km)を目指す。Teslaは充電システム、モーター、ギアボックスも供給する。トヨタのカナダ工場で生産する。
 価格は49,800ドルで、RAV4 2.5Lガソリンエンジン車22,650ドルの2倍強だが、州から2,500ドル、連邦政府から7,500ドルの補助金がある。3年間で約2,600台販売する計画。
(8)  トヨタは中国で、一汽トヨタのブランドでVios(Vitz)ベースのEVを開発中。2013年にも投入する。

 

 



トヨタ:環境技術について、BMWと中長期的な協力関係を構築

2011年12月の合意

 トヨタとBMWは、2011年12月、環境技術における中長期的な協力関係の構築に合意した。
ディーゼル
エンジンの供給
 BMWは、トヨタが2014年から欧州市場向けに販売予定のモデルに、1.6Lおよび2.0Lのディーゼルエンジンを供給する。
次世代リチウム
イオン電池の
共同研究
 トヨタとBMWは、次世代リチウムイオン電池技術に関する共同研究を行うことで正式合意した。2012年3月に正式契約し、性能向上を目的に、正極、負極、電解液の材料の研究を行う。
2012年6月の合意
電動化に関する
協業
 トヨタは開発中の次世代HV技術をBMWに供与する。
 BMWは、過去にGMとTwo-mode Hybridシステムを、またDaimlerと高級車用マイルドHybridシステムを共同開発したが、いずれも満足するレベルに至らず日本製Hybrid技術を求めていたとされる。
燃料電池システム
の共同開発
 トヨタが2015年に市販を予定する技術をBMWに提供し、次の段階として2020年までに次世代技術を共同開発する。
スポーツカーの
共同開発
 スポーツカーは、最新技術の塊であり、トヨタは、BMWの技術力とブランド力を獲得できる。Lexusブランドの高性能車開発もあり得るとされる。
軽量化技術の
共同開発
 BMWは、三菱レイヨンと共同で進めている「炭素繊維強化樹脂」を使用する軽量化技術をトヨタに供与する。
(注) 1. BMWとPSAは、Hybrid部品の共同開発と共同生産に合意し、2011年11月に合弁会社を設立した。しかし2012年2月にPSAがGMと提携したため、BMW-PSAの提携は白紙に戻ったとされる。
2. トヨタとFordは、2011年8月、RWD小型トラックとSUV用ハイブリッドシステムを共同開発することで合意し、覚書に調印した。2010年代中をめどに、まずはRWD小型トラックに搭載する予定。2012年に最初の試作車が完成するとされる。

 

 



富士重工/ダイハツ/マツダのHV/EV計画

富士重工:2013年に HVを投入

~2011年 2012年 2013年 2014年 2015年~
EV Stella EV 販売終了
HV XV (注1) 発売
Impreza G4(注1) 発売
BRZベース車(注2) 投入を検討
(注)1-1. 富士重工は、トヨタから技術供与を受け、2013年にImprezaベースの小型SUV "XV"と、Impreza G4(セダン)にHVを設定する見込み。
1-2. スバル車は、「水平対向エンジン + 縦置きトランスミッション」の構造であるため、PriusのFF用HVシステムをそのまま導入することはできず、修正したシステムを搭載するとされている。
2. 富士重工は、BRZの低重心のプラットフォームを利用し、HV開発を検討中。BRZより着座位置を数十ミリ高くした新型車を開発し、これにより生じたスペースにHVシステムを収納する計画。

 

ダイハツ:Altis(トヨタCamry)を発売

~2011年 2012年 2013年 2014年 2015年~
HV Altis(トヨタCamry HV) 発売

(注)ダイハツは2011年東京モーターショーに、新発想2シーターEV・PICOを出展した。高齢化・地方・宅配ビジネスなどの時代に対応する新しい乗り物として提案する。国土交通省が進める新車両区分「超小型モビリティ」の対象となる。

 

マツダ:2012年にDemio EV、2013年に水素ロータリーエンジン付 EV を発売

~2011年 2012年 2013年 2014年 2015年~
HV Tribute HV 2010販売終了
Premacy Hydrogen RE Hybrid 2009
小型乗用車 (注1) 発売
EV Demio EV(注2) リース販売
米国市場向けEV(注3) 2018年までに
米国投入
水素ロータリーエンジン付EV(注4) リース販売
(注) 1. マツダは、トヨタからPriusのHVシステムの技術供与を受け、新世代SKYACTIVエンジンと組み合わせて、2013年に日本国内で販売する計画。
2-1. マツダは、マツダDemioをベースとするEVを自社開発し、2012年10月から、中国地方の地方自治体や法人顧客を中心に約100台をリース販売する。総電力量20kWhリチウムイオン電池を搭載し、航続距離は200km(JC08モード)。車体本体価格は税込み357.7万円。
2-2. 搭載する電池は、ノートパソコンなどに使用される「18650」サイズのリチウムイオン電池をパナソニックと共同開発した。また、安川電機と共同開発した、巻き線切替式モーターを採用し、低速域と高速域の双方で高い走行性能を実現した。インバーターも安川電機製を採用した。
3. マツダは、米国California州の規定に適合するため、遅くとも2018年までにEVを米国で発売する方針。
4. マツダは2013年に、水素ロータリーエンジンを補助発電機として搭載するEVを発売する。航続可能距離を、従来のEVの2倍以上とする計画。
5-1. マツダは、SKYACTIV Technologyの導入によりパワートレインの「ベース技術」を向上させ、そのうえで、(1)アイドリングストップ(既にi-stopを採用)、(2)減速エネルギー回生技術「i-ELOOP」、(3)HV/EVの段階を追って電気デバイスを投入するとしている ("ビルディングブロック戦略"と呼称)。
5-2. 乗用車として世界で初めてキャパシターを採用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を、2012年秋に発売する新型Atenzaに採用する。効率よく電気を回収するために、新たに12-25Vの可変電圧式オルタネーター、低抵抗電気二重層キャパシター、DC/DCコンバーターを採用。頻繁に加減速がある実用走行時に、約10%の燃費改善効果を見込む。


参考資料:トヨタのプレスリリース、各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>