米国市場のエンジン/変速機構成

エンジンのダウンサイジングと変速機の多段化進む

2011/11/29

要 約

 以下は、主要14社が北米で生産し、米国で販売した乗用車/Light Trucksのエンジンの気筒数/排気量構成と、変速機構成の概要である(MY2009からMY2011が対象)。

 エンジンは、MY2011では6気筒3Lクラスエンジン割合が35.2%を占め、MY2009から6.6%ポイントの増加。米国では4気筒2Lクラスが既に約3割を占めているが、4気筒2L未満クラスのエンジンの構成割合は7.1%から9.0%へ増加し、ダウンサイジングの傾向を示している。

 変速機をみると、MY2009からMY2011の間に 4速ATの割合が28.4%から15.3%へ減少し、6速ATは29.1%から53.7%と増え、急速に多段化が進んでいる。