新車市場サマリー:タイ、2013年上半期

2013/08/26

要約

2013年上半期市場は2割増の74.1万台、第1四半期が増勢維持も、第2四半期は失速

タイの2013年上半期(1~6月)の自動車販売台数は、前年同期比22.1%増の74.1万台となった。前年末に打ち切られた自家用車購入支援制度の受注残から、第1四半期(1~3月)の販売が47.9%増と大幅に増加したことが寄与した。一方で、第2四半期(4~6月)の販売は0.1%増の32.8万台となり、前年同水準にとどまった。月別では、4月の販売は増勢を維持したが、5月は同支援制度の受注残の解消が進んだ結果、前年同月比3.5%減と17ヵ月ぶりの前年割れに転落(図2参照)。また、6月は14.2%減と減少幅が広がっており、前年から続いてきた急激な市場拡大にブレーキがかかっている。

関連レポート:日系部品メーカーのタイ事業動向(2013年3月)