CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2015年12月

2015年11月生産は7万台を突破、年間生産は35万台超の見通し

2016/01/12

中国国内生産 (概要)



このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。

 2015年11月の中国における電動車生産台数は前月比で42.4%増、前年同月比で7.3倍となる75,257台(鉛酸電池搭載のEV乗用車908 台、同EV特殊車両4台を含む)となり、10月に続き過去最高を更新した。そのうち、鉛酸電池を搭載していない電動車は72,377台で、これもまた過去最高を記録した。2015年11月はEVの伸びが顕著だが、中でもEVバスの伸びが著しい。

 2015年1~11月の電動車生産台数が約30.18万台(鉛酸電池車を含む)になったことを考慮すると、2015年の年間生産台数は35万台超になると考えられる。また、2016年の年間生産台数も35万台を超える見通しである。その一方で、製品品質の向上が課題となっており、国際競争力のある製品開発が更に求められている。

図1 電動車の生産台数 (2015年6~11月)