Motonic Corporation
[(株) モトニック]

会社概要

■URL

http://www.motonic.co.kr/eng/index.asp

■本社所在地

50, Jong-ro 1-gil, Jongno-gu, Seoul, Korea

業容

-自動車用キャブレター、ダイキャスト部品メーカーとして1974年に設立。

-その後LPGキット、スロットルボディ、EGRバルブなど商品ラインアップを拡大。

-製品は主に現代・起亜自動車へ納入している。

資本構成

(2018年12月31日現在)

主要株主 出資比率 (%)
Kim, Young Bong 25.11
Kim, Young Mok 14.91
合計 40.02

主要製品

吸気系部品 (Air induction components)
-スロットルボディ (Throttle bodies)
-インテークマニホールド (Intake manifolds)
-エアコントロールバルブ(Air Control Valves (ACV))

e-CDA(シリンダー休止アクチュエーター) / VVL(可変バルブリフト)
-電子 シリンダー休止アクチュエーター(electronic-Cylinder Deactivation Actuators (e-CDA))
-電子 可変バルブリフト(electronic-Variable Valve Lift (e-VVL))

連続可変バルブリフト (Continuously variable valve lifts)

可変バルブリフト (Variable valve lifts)

オイルポンプ (Oil pumps)

高圧燃料ポンプ(GDI High-pressure Fuel pumps)

コントローラー (Controllers)
-オイルポンプコントロールユニット (Oil pump control units)
-フューエルポンプコントローラー(Fuel Pump Controllers)

LPIシステム (LPI systems)

-ポンプモジュール (Pump modules)
-インジェクションモジュール (Injection modules)
-ドライバーユニット (Driver units)
-レギュレータ (Regulators)
-LPIドライバー(LPI Drivers)

LPDIシステム (LPDI Systems)
-LPDI高圧フューエルポンプ (LPDI High-pressure Fuel Pump)
-低圧フューエルポンプ&ドライバー (Low-pressure Fuel Pumps & Drivers)

CNGバイフューエルシステム (CNG Bi-fuel systems)
-レギュレータ (Regulators)
-カットオフソレノイド (Cut-off solenoids)
-ECU
-インジェクター (Injectors)

CNGシステム (CNG Systems)
-高圧力レギュレータ (High Pressure Regulators)
-カットオフソレノイド (Cut-off Solenoids)
-インジェクター (Injectors)
-ECU

FCEV
-高圧力レギュレータ (High Pressure Regulators)
- レセプタクル (Receptacles)
-マニホールド (Manifolds)

フューエルレール (Fuel rails)
-アルミ合金レール (Aluminum Alloy Rails)
-ステンレススチール (Stainless steel Rails)
-プラスチックレール (Plastic Rails)
-高圧力レール (High Pressure Rails)

e-EGR

ロッカーアーム (Rocker Arms)

その他
-コントロールユニット (Control units)
-ピストンクラッチ (Piston clutches)
-ガスフィルター (Gas filters)
-スイッチ及びレベルゲージ (Switch & Level Gauges)
-UREA SCRシステム(UREA SCR Sytems)
-ウェイストゲートアクチュエーター (Waste Gate Actuators (WGA))
-LPGミキサーシステム (LPG Mixer Systems)

沿革

1974年03月 会社設立。
1987年06月 (株) 大成精機[Daesung Automotive Co., Ltd.]を設立。
1988年05月 (株) 大成精機の大邱 (Daegu) 工場が竣工。
1989年08月 技術研究所を設立。
1992年05月 同社の大邱 (Daegu) 工場が竣工。
1994年01月 韓国証券取引所に上場。
1996年02月 ISO9001認証を取得。
1998年09月 QS9000認証を取得。
2002年03月 社名を「(株) モトニック」[Motonic Co., Ltd.]に変更。
2003年10月 ISO/TS16949認証を取得。
2005年09月 ISO14001認証を取得。
2005年09月 中国に「北京摩拓尼克汽車配件有限公司」[Beijing Motonic Corporation]を設立。
2007年12月 中国・北京工場が量産開始。
2008年01月 インドに「Motonic India Automotive Private Ltd.」を設立。
2008年09月 インド工場が量産開始。
2010年02月 現代・起亜自動車から「技術5つ星」認証を獲得。
2010年08月 現代・起亜自動車から「品質5つ星」認証を獲得。
2014年10月 (株) 大成精機を吸収合併。
2016年01月 同社の星州 (Seongju) 工場が竣工。

補足 1

>>>2013年12月期までの動向
>>>2014年12月期の動向
>>>2017年12月期の動向

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。