Zhejiang Asia-Pacific Mechanical & Electronic Co., Ltd. [浙江亜太機電股份有限公司] 2016年12月期の動向

業績

(単位: 百万元)
2016年12月期 2015年12月期 増減率(%) 要因
売上高 3,418.96 3,059.48 11.75 -新たな分野に参入し、新たな市場を開拓して、売上高の増加を達成。
営業利益 148.82 157.48 (5.50) -投資した新工場が生産開始していないこと、研究開発費用、人件費、減価償却費が増加したことが原因で、業績の増加幅は自動車産業の平均レベルに達していない。
経常利益 176.02 170.08 3.49
純利益 151.58 148.69 1.94

新会社

-広州汽車集団零部件有限公司と設立した合弁会社「広州亜太汽車底盤系統有限公司[Guangzhou Asia-Pacific Chassis Systems Co., Ltd.]」は、工商管理局への登記手続きが完了したと発表。出資金額と比率は、同社が42.84百万元で51%、広州汽車集団零部件が41.16百万元で49%となっている。(2017年5月25日付け会社公告より)

-吉林竜山有機硅有限公司[Jilin Longshan Organosilicon Co., Ltd.] と吉林市に合弁会社を設立すると発表。合弁会社の名称は「吉林市亜太竜山汽車底盤有限公司[Jilin Asia-Pacific Longshan Automotive Chassis Co., Ltd.]」。登録資本金は10百万元で、浙江亜太機電が51%、竜山有機硅が49%を出資する。合弁会社は主に自動車シャーシーモジュールの開発、生産、販売を行う。(2017年4月6日付け会社公告より)

-業務上の必要から上海に支社を設立すると発表。名称は浙江亜太機電股份有限公司上海分公司 [Zhejiang Asia-Pacific Mechanical & Electronic Co., Ltd. Shanghai Branch]。所在地は上海市嘉定区(Jiading District)。主に自動車及び軌道車両用ブレーキシステム、自動車用シャーシーシステム、エレクトロニクス、オーディオエンターテイメントシステムの開発、販売、テクニカルサービス、輸出入業務を行う。(2017年3月24日付け会社公告より)

-資本参加しているElaphe Propulsion Technologies Ltd.と新たに合弁会社を設立すると発表。合弁会社の名称は 「杭州亜太依拉菲動力技術有限公司 [Hangzhou Asia-Pacific Elaphe Power Technologies Co., Ltd.]」。浙江省杭州市に位置し、資本金は5百万ユーロ。同社が2.55百万ユーロ (51%)、Elapheが2.45百万ユーロ (49%) を出資する。主にインホイールモーターを生産する。(2016年4月26日付け会社公告より)

-中微汽博実業有限公司[Zonve Auto Exhibition]と合弁会社「重慶亜太汽車底盤系統有限公司 [ChongqingAsia-Pacific Chassis Systems Co., Ltd.]」を設立すると発表。出資額と持株比率は、同社が40百万元、80%、中微汽博が10百万元、20%。合弁会社設立後は、同社の現有子会社「重慶津栄亜太汽車部件有限公司[Chongqing Jinrong Asia-Pacific Automotive Co., Ltd.]」の業務を徐々に新会社に移す予定。(2016年3月15日付け会社公告より)

-同社は武漢 (Wuhan) に全額出資子会社 「武漢浙亜汽車底盤系統有限公司 [Wuhan ZA Chassis Co., Ltd.] を設立すると発表。登録資本金は10百万元。新会社は主に自動車ブレーキシステム、シャシーシステム、自動車電子部品および音響娯楽機器の生産と販売を行う。(2016年2月6日付け会社公告より)

登記抹消

-武漢(Wuhan) 支社の登記を抹消すると発表。武漢支社は2015年5月27日に設立したもので、主に自動車及び鉄道車両のブレーキシステム、シャシーシステム、自動車電子部品および音響娯楽機器の開発、製造、販売、輸出入業務を行っていた。登記抹消後、従業員は全て浙江亜太機電本社に移管される。(2016年2月6日付け会社公告より)

受注

-同社は、一汽VWよりF17M BC316 DY0260ブレーキのサプライヤーに指定された。(2017年5月20日付け会社公告より)

-同社は、一汽VWから「サプライヤー指名通知書」を受領したと発表。同社は一汽VWのAudi T99NF (新世代Audi A6L)向けに4つのブレーキディスクを供給する。受注シェアは20%になる見込み。新世代Audi A6LはVWグループがMLBモジュール化プラットフォームをベースに作ったモデル。MLBモジュール化プラットフォームはBセグメント-Dセグメントのセダン、SUVなどで共有される。将来Audiブランドの次世代A4、A6、Q5、Q7など15の新型車はすべてこのプラットフォームをベースに製造される。(2016年12月30日付け会社公告より)

-同社の支配株主である亜太機電集団有限公司 [Asia-pacific Machine & Electric Group Corp.]は、GMDの全株式を買収すると発表。GMDの評価額は約300百万ユーロ。GMDはフランスの車体、シャーシーメーカー。中国に生産拠点も持っている。現在、GMDの主要業務はダイキャスト、樹脂射出成型、ガスケット、プレス部品の4つで、主な顧客はPSA、ルノー、ベンツ、VWなどのOEMとZFなどの部品メーカー。2015年度の売上高は約688百万ユーロ、償却前利益は約61.9百万ユーロだった。(2016年12月2日付け会社公告より)

-同社は、長城汽車股份有限公司から「新製品開発通知書」を受領したと発表。同社は長城汽車の部品開発サプライヤーとして、哈弗H6(Haval H6)モデルチェンジ版のフロントブレーキキャリパーアセンブリとフロントブレーキディスクを開発、生産する。(2016年11月29日付け会社公告より)

-同社は、一汽VWと「自動運転実行機能を有するブレーキバイワイヤシステム」を共同開発することで合意し、開発協定書を取り交わした。ブレーキバイワイヤは自動運転のコアとなるシステムである。(2016年11月15日付け会社公告より)

-同社は、GMからGEMプラットフォーム向け部品を受注したと発表。同社はリアブレーキ製品を独占的にグローバル供給する。GEMプラットフォームは中国、メキシコ、ブラジルなどで使用される。中国市場への供給は2019年から2027年、メキシコ、ブラジル市場への供給は2020年から2032年となる予定。2019年から正式に製品供給を開始する計画である。(2016年10月24日付け会社公告より)

-同社は、重慶長安汽車商用車事業部から「製品開発指定会社通知書」を受領したと発表。同社は長安商用車R111(開発コード)向けフロント、リアブレーキコーナーモジュールを開発、生産する。(2016年10月11日付け会社公告より)

-同社は、前途汽車(蘇州)有限公司 [Qiantu Motor (Suzhou) Company Limited] から「製品開発指定会社通知書」を受領したと発表。同社は前途汽車の部品開発と生産を行うサプライヤーとして、HG11(開発コード)向けEPBモジュールを開発する。(2016年9月28日付け会社公告より)

-同社は、四川現代汽車有限公司から「新車QTc部品開発インビテーション」を受領したと発表。四川現代汽車の新車QTc(開発コード)向けにABS油圧コントロールユニット(HCU)を開発する。(2016年9月24日付け会社公告より)

-同社は、神龍汽車 (Dongfeng-Peugeot-Citroen) から新型車向け部品を受注したと発表。受注したのはPF2 (開発コード) (BZ3、B73Rモデル)、BVH1 (開発コード) (M3、M4、A94、M44モデル) プラットフォームの油圧クラッチリリースマスターシリンダー、油圧クラッチリリースシリンダーなど11種。これらの製品には新型複合材料を採用する。(2016年5月6日付け会社公告より)

-同社は、一汽VWよりAudi X55、A-MAIN-SUV向けフロントディスクブレーキとAudi X55、NSC NF、A-MAIN-SUV向けリアディスクブレーキを受注したと発表。納入シェアは80%。(2016年4月21日付け会社公告より)

-同社は、東風襄陽旅行車有限公司 [Dongfeng Tourist Bus Co., Ltd.] から新エネルギー車用のシャシーモジュールを受注。同社は製品開発に協力するとともに、東風側の要求に基づきサンプルを納入する。(2016年1月22日付け会社公告より)

-同社は、広州汽車集団乗用車有限公司 「A5H」 (開発コード) 向け部品のサプライヤーになったと発表。「A5H」 向けフロント/リアキャリパーASSYを開発、供給する。(2016年1月21日付け会社公告より)

2017年12月期見通し

-2017年12月期の目標は主要事業の売上高35億元、経常利益1.8億元、純利益1.53億元。

研究施設

-1996年にテクニカルセンターを開設。2005年に国内ブレーキメーカーで唯一国家レベルのテクニカルセンターに認定される。

研究開発費

(単位:百万元)

2016年12月期 2015年12月期 2014年12月期
金額 142.52 110.63 93.90
売上高に占める比率
(%)
4.17 3.62 2.86

研究開発提携

-同社は、2017年3月1日、中国汽車技術研究中心[China Automotive Technology and Research Center (CATARC)]とインテリジェントネットワーク自動車標準研究拠点を杭州市蕭山区(Xiaoshan District, Hangzhou)に設立。両社はインテリジェントネットワーク自動車の共通基礎技術、測定評価、標準体系の構築について共同研究する。(2017年3月2日付け各種リリースより)

-同社は、奇瑞新能源汽車技術有限公司 [Chery New Energy Automobile Technology Co., Ltd.] と新エネルギー車技術提携協定書を結び、新エネルギー車の開発で協力すると発表。奇瑞新能源は提携強化のため、同社に対し蕪湖に工場を建設するよう求めている。奇瑞新能源は2010年4月設立。ハイブリッド車、代替燃料車などクリーンエネルギー車に関する先端技術の研究開発を行っている。(2016年5月30日付け会社公告より)

-同社は、東風小康汽車の製品技術センターと 《インテリジェント運転技術提携合意書》 を結んだと発表。両社は自動運転のブレーキシステムとコントロールモジュールの研究開発、試験などの分野で提携する。(2016年3月28日付け会社公告より)

-同社は、浙江合衆新能源汽車有限公司 [Zhejiang Hezhong New Energy Automobile Co., Ltd.] と 《運転知能化技術提携合意書》 を結んだと発表。両社は自動運転のブレーキシステムとコントロールモジュールの研究開発、試験などの分野で提携する。合衆新能源汽車は浙江省桐郷市 (Tongxiang, Zhejiang) に位置する、新エネルギー車の開発、製造、販売を行うハイテク企業。(2016年3月17日付け会社公告より)

-北京汽車研究総院 [Beijing Automotive Technology Center] および合弁会社の北京亜太汽車底盤系統有限公司 [Beijing Asia-Pacific Chassis Co., Ltd.] と 《インテリジェントネットワーク自動車開発に関する戦略的提携の合意書》 を結んだと発表。3社はインテリジェントネットワークEVの試作を目指す。(2016年2月15日付け会社公告より)

-2016年1月、奇瑞汽車と 「インテリジェントドライビング技術の提携合意書」 に調印。同社は奇瑞汽車にインテリジェントドライビングのブレーキシステムとコントロールモジュールの研究開発、製品供給、完成車への取り付け調整、技術サービスなどを行う。(2016年1月25日付け会社公告より)


特許

- 2016年末現在、累計で127件の特許を取得。内訳は発明権18件、実用新案権107件、意匠権2件。

設備投資

(単位:百万元)
プロジェクト 予算 2016年投資金額 進捗
自動車鋳造部品工場建設 (年間生産能力12万トン) 657.40 221.16 60%
EPB付きリアブレーキキャリパーASSY技術改造 (年間生産能力40万セット) 151.87 31.52 85%
ディスクブレーキ生産工場(年間生産能力4百万セット) 333.20 8.84 80%
重慶亜太公司の建屋建設 170.00 16.00 10%
安吉のほかの建屋及び付属施設 136.00 1.28 75%

国内投資

-2016年1月、蘇州安智汽車零部件有限公司 [Suzhou Anzhi Auto Parts Co., Ltd.] と 《増資合意書》 を結んだと発表。同社は蘇州安智の増資を5百万元で引き受け10%の株式を取得する。蘇州安智は2015年1月設立で、主に自動車運転支援システム及びアクティブセーフティシステムの開発、販売を行っている。2015年12月31日現在の総資産額は1.45百万元、売上高は0.2百万元。増資により調達した資金は電子制御ブレーキシステム、ADAS先進運転支援システム技術の開発に充てる。(2016年1月26日付け会社公告より)